« 手術から二週間たった | トップページ | 雙脚 等閑に伸ばす »

2007年7月13日 (金)

2週間後には退院か?

先生の巡回で、「傷口が細菌に感染していたが、もう峠は越えたよ」とのはなし。「えっ、そうだったんですか?」知らぬは患者ばかりなり。 このままの経緯でいけば二週間後には退院となりそうだから、体をよく動かしておくようにとの先生の話だ。

大きな合併症も併発しなかったのだから良しとしなければ。


まずい病院食だが、食事をするとてきめんに下痢をする。 先生の説明によると、すい臓を切り取ったときに周囲の神経、特に胃・十二指腸に近い神経を切っているので、同じ手術をした患者の大多数が下痢をするのだそうだ。

下痢の症状は長期になりそうだから、整腸剤を服用しながらの持久戦となりそうだ。紙おむつの世話になる毎日だ。

この紙おむつ、最近いろいろと進歩しているようで、私の使っているのは「3次元人体工学で立体感」とかの広告である。確かに使用感はよい。

« 手術から二週間たった | トップページ | 雙脚 等閑に伸ばす »

手術から退院まで」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手術から二週間たった | トップページ | 雙脚 等閑に伸ばす »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング