« スーパーシステムとしての免疫系 | トップページ | 花粉症の人は癌になりにくい »

2009年1月14日 (水)

散歩デジカメ

体重が63kgと、少し増加傾向です。先生に言わせると「悪い兆候ではないですよ。体重が減るのは問題ですが」ということになるのですが、私としては昨年60kg当時に買ったズボンがきつすぎて窮屈でしようがない。消化酵素を出している膵臓がほとんど無くなっているのだから、当時は「もう体重が増えることもないだろう」と思っていた。買ったズボンも何年も履くことはないだろうと思っていた。

蔵書も徐々に処分して、身の回りを身軽にし、整理することを始めた。カメラも一眼レスのデジカメ1台を残して、Yahhoのオークションで処分してしまった。RICHO のGRデジタル、名器といわれた同じリコーのフィルムカメラGR1、ミノルタの一眼レフとレンズ群。みんな処分してすっきりしたものだ。

女優の沢村貞子がその晩年、身の回りを小綺麗にし、部屋には最小限の家具と必要な品物しか置かない暮らしをしていたという話を読んだのは、彼女の『老いの楽しみ』だったか、中野孝次の著作の中だったか忘れたが、死んだ後に「あいつはこんなものに執着していたのか」などと思われるのが恥ずかしく、余計なものはみんな捨ててしまおうと決心したことを覚えている。

免疫力を高めるためにも毎日散歩を欠かさないようにしているが、ふと写真を撮りたくなるときがある。かといって一眼レフデジカメを毎日持ち歩くわけにも行かないので、コンパクトデジカメがやはり欲しいなぁと思い出した。(やはり執着心を捨てることは難しい)

パナソニックの「大人のコンパクト」という宣伝のLUMIX-LX3を購入することにした。広角24ミリでレンズのF値が2.0。広角での解像度もGRデジタルよりはよほど良い。まだこの季節では朝晩の散歩の時間は暗くて撮影には困難だが、F2.0のレンズならそこそこ可能な状態になる。

P1000032 P1000039


スポンサーリンク

« スーパーシステムとしての免疫系 | トップページ | 花粉症の人は癌になりにくい »

写真道楽」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スーパーシステムとしての免疫系 | トップページ | 花粉症の人は癌になりにくい »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング