« 膵臓がんの冊子が更新 | トップページ | パソコン不調 »

2015年2月 1日 (日)

15/1月ツイートのまとめ

キノシタ @Oncle1316 
がんの原因、大半は遺伝子や生活習慣でなく生物学的な不運 :「生活習慣病」という言葉は死語になるのか? だからといってタバコを止めないということにはならんわな。 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NHORV96K50XV01.html

 
キノシタ @Oncle1316 
@PanCANJapan 「がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究」に対する批判的論文が載っています。「不適切なデータ解釈の不運」とまで言っています。この結論は信じられないような、基本的な数学と解釈の誤りに基づいているとも。http://ameyer.me/science/2015/01/02/vogel.html 

安西英雄 @deoanzai  
抗酸化ビタミン(A,C,E)の摂取は死亡率に関係しない。前向きコホート研究。 http://aje.oxfordjournals.org/content/early/2014/12/29/aje.kwu294.abstract?papetoc (抗酸化剤は有害とか言い立てる人もたまにいるけど、この結果のほうが当たり前に思える)

安西英雄 @deoanzai  
少し前に『がんの原因、大半は遺伝子や生活習慣でなく生物学的な不運』というニュースが流れましたね。 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NHORV96K50XV01.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter これ、「がんになるかならないかは運次第、食べ物とか気をつけても意味ない」みたいに聞こえた。そう思った人も多かったんじゃないかな。

勝俣範之 @Katsumata_Nori  
小田和正のコンサートなどは、ランダム化比較試験の結果などないが、おそらく、抗がん剤2つ分くらいの効果はあるだろう。それを聞いていたうちの医局員は、小田和正でなくて、嵐のほうが良いと言っておりましたが。50歳以上は、小田和正のほうが、圧倒的な有意差をもって良いだろう。

勝俣範之 @Katsumata_Nori  
楽しみにしていたコンサート行くことなども中止にしないでください。小田和正のファンで、コンサート行くのを中止にすると言っていましたが、その患者さんに、「残念です?が、私のやる抗がん剤よりも、小田和正のコンサート行くほうが、ずっと効果があります」とお話ししました。 

安西英雄 @deoanzai 
マルチビタミンを中高年女性が16年摂取したときに心臓血管疾患の予防効果があるか? 傾向ありそうにも見えるが、有意差なし。 http://ajcn.nutrition.org/content/101/1/144.abstract?etoc (まあそのくらいのものなんだろう、という感じ)

@適時開示 @TDnet2  
大塚HD(45780) オンコセラピー・サイエンス社との膵臓がんを対象とした契約および扶桑薬品工業とのOTS102製造販売に関するサブライセンス契約の終了のお知らせ https://www.release.tdnet.info/inbs/140120150108003304.pdf 2015/01/08 15:00

薬剤師さんへのお役立ち情報発信.com @yakuzaishi_navi  
オキサリプラチン後発品に効能追加  ホスピーラ、「治癒切除不能な膵がん」 http://nk.jiho.jp/servlet/nk/kigyo/article/1226579778211.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter 

キノシタ @Oncle1316 
膵臓がんは×か? RT @deoanzai 続)逆に、いい暮らしをしても差が出てないがん種もあった。非ホジキンリンパ腫、女性における胃がん・すい臓がん・卵巣がん・膀胱がんなど。(女性はもともと男性ほどひどい暮らしをしないので、差が出にくい、という一面もあります。) 

安西英雄 @deoanzai  
続)一番いい生活をしている群は、一番悪い群に比べて、発がんのハザード比は男性0.90、女性0.81だった。つまりいい暮らしをすれば発がんリスクを10ー19%も減らせる。 

安西英雄 @deoanzai  
続)健康な生活を4つの区分で点数化した。健康な体重を維持すること、運動すること、良い食事をすること(野菜果物が多い、全粒穀物が多い、赤身の肉が少ない)、適度なアルコール。そして総合点数で5段階に分けた。 

安西英雄 @deoanzai  
健康な生活をしているほど、発がんも、がんによる死亡も、理由を問わない総死亡のリスクも低い、というアメリカの研究。56万人を10年以上フォローしたデータ。 http://ajcn.nutrition.org/content/early/2015/01/07/ajcn.114.094854.abstract?sid=c96efe10-f884-4381-a90d-8035d5dbdb1c 

キノシタ @Oncle1316 
余命2年を宣告されたドクター中松氏が命がけで開発したお茶「20 TWNTEA]を公式HP上で発売した。って、自分のがんで効果を確かめてからにしろよ。 http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20150116-1422497.html 
鶴田静 @soloshika  
マクロビオティックの巨峰、久司道夫氏が12/28未明、ボストンで膵臓癌のため逝去。享年88歳。1960年代から米国で自然食運動を広め、数々の貢献をし功績を遺した。著書に「癌を防ぐ食事法」がある。夫人、娘さんも癌で亡くなっている。(NYTimes 1/5から) ご冥福を祈る。

キノシタ @Oncle1316 
同医師で術後18人死亡 群馬大病院に厚労省立ち入り:死因を検証する検討会を一度も開かずに手術を続けていました。← これじゃ殺人だよな。医者を選ぶのも寿命とはいうが、こんな医者を選んだら「自殺」するに等しい。 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000042333.html 

キノシタ @Oncle1316 
EBMの新解釈に納得!! RT @maturiya_itto 今の近藤誠氏のEBMは「Egoism Based Medicine」と呼んでます、捏造歪曲何でもありの自説肯定なんで。

インスリン職人 @Insulin_Master  
空腹時血糖値が高いと膵がんリスクも上昇/システマチックレビューとメタ解析で検証 http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1501/1501018.html 

EARL@TLS勉強ちう @DrMagicianEARL  
空腹時血糖値が10mg/dL上昇するごとに膵臓癌のリスクが14%有意に増加する.9報前向き観察研究メタ解析.(BMJ 2015;349:g7371) 全文フリー 

キノシタ @Oncle1316 
放置すればがんが消失するとでも期待しているのだろうか? RT @maturiya_itto .@DrMagicianEARL 火に油を注ぐようですが、近藤誠氏の公式サイトによると既に3000人来たそうです。つまり、「放置で」の一語が約1億円。 

日経メディカル @NMonl  
交流電場を利用した癌治療法を膵臓癌患者に用いるフェーズ2が進行中 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/201501/540239.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter #NMonl 

キノシタ @Oncle1316 
腹腔鏡肝臓切除の死亡率、群馬大は約4倍:群馬大は8人だが、9人が死亡した千葉がんセンターの調査はどうなってるの? 第三者検証委員会を設置して原因究明と再発防止を目指すと言っていたはずだが。 http://apital.asahi.com/article/news/2015011500020.html 

勝俣範之 @Katsumata_Nori  
近藤先生の唯一の科学的業績。クレスチンのランセット論文への批判。これはすばらしかった。オンコロジスト志望者は一回は読んでおくべき。1994年、これが最後。これ以後、彼の中の時計が止まってしまった。医学はこの後、だいぶ進歩したのです。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Lancet+AND+kondo+AND+gastric+cancer 

キノシタ @Oncle1316 
たとえば、私がもし現役サラリーマンで、膵臓がんでステージ2と診断されたら、即座に会社を辞めるだろう。そうして、人生最後の「終活」に入る。がんは心筋梗塞や脳卒中と違い、最後の時間が与えられる病気である。 http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20150118/dct1501180830001-n1.htm 

キノシタ @Oncle1316 
進行膵癌へのナノリポソーム型イリノテカン製剤MM-398と5FU/ロイコボリン併用の有効性を示したNAPOLI-1の拡大解析が発表【ASCO-GI2015】 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/201501/540313.html 

キノシタ @Oncle1316 
進行膵癌に対するCCR2阻害剤PF-04136309とFOLFIRINOXの併用は有望【ASCO-GI2015】 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/201501/540313.html 

Medエッジ @mededgejp  
これまでの流れに沿ったもので有望視されそうです。 がんターゲットに「第3の選択肢」か、膵臓がん細胞で効果、有力国際誌で報告 過小評価された「抗HER3抗体」が始動へ ⇒ http://www.mededge.jp/b/tech/7154?src=pc_sn_twt_150119_7154

キノシタ @Oncle1316 
膵臓がんとHER3の変化:結果として、膵臓がん細胞の増殖を抑える抗体は、着実にHER3のレベルダウンを加速させていた。がんの増殖を阻害する能力が高いという結果だ。http://www.mededge.jp/b/tech/7154 

村上 智彦 @DTM0313  
がんと診断された患者が診断後1年以内に自殺する危険性は一般の約20倍に上るとの調査結果を国立がん研究センターがまとめたそうです。1年以上の経過で差が無くなる事から、診断間もない時期は、患者の心理的ストレスや環境の変化に注意する必要があると分析しています。


Nuclear_Feeds @nuclear_feeds  
【がんへの備え】膵臓がん編(15)「ハイフ」 超音波でがん細胞焼く治療法 - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20150120/dct1501200830001-n1.htm 

BKK□パグさん♪ @fvjmac  
「重粒子線」ですい臓がん治療 国際研究へ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150119/k10014804121000.html 重粒子線を使ったがんの治療を進めている千葉市の放射線医学総合研究所は…治療が難しいすい臓がんで、アメリカやドイツの施設と初の国際共同研究を行い、重粒子線による治療効果を確かめる計画を明らかに 

Naoya Sano @109Yoroshiku  
アミノ酸濃度でがん発症検査 味の素によると、実施する医療機関は現在全国に約900。受診者数は延べ約9万人に達した。今春には新たに膵臓(すいぞう)がんも加わる見込みで、メタボリック症候群などがん以外での実施も検討されている。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150122-00000008-kobenext-sctch 

高木徳一(小説家、詩人) @takagitokuichi  
都立駒込病院の神沢医師らは血液中の免疫蛋白の『IgG4]』が異常に増加していれば炎症性疾患で、癌ではこの数値は正常なので容易に判別出来ると報告し、世界に定着したと報告。炎症部の組織にはIgG4分泌細胞が多い。種々の臓器の炎症にステロイドが有効とも。膵臓癌疑いで手術の3%が誤診とも 

キノシタ @Oncle1316 
あの大西淳子さんのリポートです。しかも膵臓がん。「膵癌リスクは血糖依存性に上昇 「糖尿病前症」でも血糖値が高いほどハイリスクに」 インスリンが、膵癌細胞の増殖を促進しアポトーシスを抑制すること、高血糖が増殖と浸潤の能力を高める。 http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/bmj/201501/540396.html 

キノシタ @Oncle1316 
あっ、元近鉄のエース・井本さんも膵臓がんだったのか。高知・伊野商業から近鉄に入団。ご冥福をお祈りします。 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/01/24/kiji/K20150124009684680.html 

キノシタ @Oncle1316 
そういえば、インフルエンザで高熱になったら末期がんが消失したという例もあったな→ウイルスでがん治療 鳥取大・膵臓がん、東大・乳がん:腹部に人間の膵臓がん細胞を注入したマウスで実験したところ、がん細胞の90%以上が死んだ。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG16H46_Z10C15A1TJM000/ 

キノシタ @Oncle1316 
膵臓がん編(15)「ハイフ」 超音波でがん細胞焼く治療法。:本来は自由臨床であるが、東京医科大学病院では医師主導型臨床研究(費用は差額ベッド代のみ)として膵臓がんと肝臓がんに対して行われている。転移膵臓がん患者にとって期待できる。 http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20150120/dct1501200830001-n1.htm 

キノシタ @Oncle1316 
開発中止の薬が、膵臓がんに大きな効果:低用量のシレンギチドはがんの血管新生を増強する。しかし、これにゲムシタビンを組み合わせると増殖を抑制できる。抑制効果はべラパミルを合わせることで増強する。 良いことずくめの大きな期待を持てる結果! http://www.mededge.jp/a/canc/7361 

安西英雄 @deoanzai  
ビタミンDが足りている人はわずか9.1%。新潟の9000人の研究 http://www.mededge.jp/b/heal/7476 (不足してるだろうとは思ってたけど、これほどに) 

キノシタ @Oncle1316 
膵臓がん編(16)「ナノナイフ」 高圧電流でがん細胞狙い撃ち - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20150127/dct1501270830001-n1.htm 「膵がんの適応症例は、手術できない局所進行がん(ステージIVa)です。除痛効果があり、まだ分かりませんが延命だけでなく治癒まで期待できるかもしれません。」 

祭谷一斗 @maturiya_itto  
近藤誠氏の新刊って体験談紹介でさえ3人中2人が「放射線治療」に「手術」なんだけど、文藝春秋の本は「手術」するのかそれとも「放置療法」なのか。※読む気もう皆無。 / “『もう、だまされない! 近藤誠の「女性の医学」』(集英社)1月2…” http://www.dreamnews.jp/press/0000106271/ 

上 昌広 @KamiMasahiro  
【ニッポン病院の実力】神奈川県立がんセンター・がんワクチンセンター 膵がんや食道がん治療免疫療法の実証に全力 - ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20150128/dct1501280830001-n1.htm @zakdeskさんから 

Medエッジ @mededgejp  
シミュレーションのようなことができるようです。 膵臓がんに急展開か、膵臓細胞から作られた「オルガノイド」とはいったい何か? 新技術によりがんの謎解明が近づく可能性 ⇒ http://www.mededge.jp/a/canc/7571?src=pc_sn_twt_150127_7571 

安西英雄 @deoanzai  
ビタミンDの大腸がん抑制効果は、免疫反応が高い人で顕著に出る。免疫反応が弱い群は血中ビタミンDが高くとも大腸がんを有意に抑制しない、という症例対照研究。 http://gut.bmj.com/content/early/2015/01/13/gutjnl-2014-308852.abstract

Medエッジ @mededgejp  
ビタミンDが注目度上がっています。 ビタミンDが大腸がんのリスク抑制に新たな証拠、米国ハーバード大学の報告 強い免疫反応を伴う大腸がんに、より効果がある ⇒ http://www.mededge.jp/a/canc/7628?src=pc_sn_twt_150128_7628

祭谷一斗 @maturiya_itto 
個人的には、加えて「その気になればきちんと学べる体制」ですね。今の近藤誠氏の前には安保徹氏や新谷弘実氏、済陽高穂氏が大流行してた訳で、いい加減、予防にも力を入れないといけませぬ……。

祭谷一斗 @maturiya_itto 
最近の友人の間では、「近藤誠ってSF作家がホラ吹いてるらしいんで、親が騙される前に勉強します」位の扱いになってますね。

勝俣範之 @Katsumata_Nori 
近藤先生を、徹底的に批判し叩き潰したとしても、問題の解決にはならない。実際に、医療を全否定する「近藤もどき」も増殖している状況ですから。患者さんの医療に対する不満が近藤先生を生んだとも言えます。上野先生が言うように、均一で質の高い医療を提供する体制作りが必要と思います。 

勝俣範之 @Katsumata_Nori 
卵巣がん3期で、当初は近藤理論を信じて、治療拒否を考えていたそうですが、私の本を読んで、「目が覚めた」と、治療を受けることを決意した患者さんがいたと教えていただきました。私のような者が書いたものも少しは役に立っているのかと思うと嬉しい。

« 膵臓がんの冊子が更新 | トップページ | パソコン不調 »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 膵臓がんの冊子が更新 | トップページ | パソコン不調 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング