« 雨上がりに咲く向日葵のように | トップページ | 確定申告の時期です »

2015年2月10日 (火)

エピジェネティクスと劇的寛解

ターナー博士へのインタビューの第2弾は『免疫を強化してがんを治す遺伝子スイッチの可能性』というタイトルでした。3ページ目に下記のように述べているところがあります。

――エピジェネティクスは遺伝子研究でもっとも重要な分野ですね。一卵性双生児は遺伝子上は100%同じですが、スイッチがオンになっている遺伝子、オフになっている遺伝子が異なるので、性格も能力も違います。
【ターナー】そうなのです。「劇的寛解を経験した患者は、免疫システムを強力にする特別な遺伝暗号を持っているのではないか」と言う人もいます。その可能性はあると思いますが、同じ人が20年前にがんになったときの遺伝子発現と、劇的寛解をしたあとの遺伝子発現が異なることも考えられます。つまり、わたしが本に書いた9つのアプローチを実践して、特定の遺伝子のスイッチがオンになったという可能性もあるのです。
エピジェネティクスの研究で明らかになったのは、毎日30分の瞑想を8週間続けることで著しく遺伝子発現が変ったということです。つまり、瞑想はがん遺伝子のスイッチをオフにして、健康を促進する遺伝子のスイッチをオンにすることができるということです。

現代のがんに対する主流の考え方は、がん細胞が一旦発生すればそれは宿主の命を奪うまで増殖する一方であり続けるというものですが、エピジェネティクスの考えからは、がん細胞も周囲の環境との相互作用で増殖することもあれば寛解することもあるということになるのです。

がん細胞と正常細胞の相互作用は、がんの進行に拍車をかけることもあれば、その進行を止めて自然寛解に導くこともある。がんの自然寛解は、体細胞突然変異説(SMT)では”奇跡”のように見えるが、組織由来説からみれば、がん細胞の正常なふるまいの範囲なのである。この自動修正は、幹細胞でも、完全に分化した細胞でも起きる。

がん細胞の周辺の微小環境に注目する組織由来説では、細胞間の相互作用が破綻すると、それによって細胞の内部環境が変化し、非メチル化などのエピ ジェネティックな変化が起きてがんが発生すると主張する。発がん物質は細胞の相互作用を破綻させ、その結果がんが引き起こされる。

がんの進行の第一段階はエピジェネティックな変化であり、それは逆行させることもできる。相当進んだがんでも、適切な条件を整えれば、エピジェネティックに逆行させることが可能である。微小環境論では、その適切な条件とは、免疫反応と、周囲の健康な細胞との相互作用であるとする。

瞑想によって遺伝子の発現がエピジェネティックに変化したということは、やはり心と身体、がん細胞をつながっている。脳はホルモンやサイトカインといわれる情報伝達物質を使って、免疫反応と細胞の相互作用をコントロールしている。

劇的寛解を経験した患者に心の有り様が大切だと思っている人が多いのも頷けます。ただ、それじゃどうすれば劇的寛解になることができるのか。それがまだ明らかになっていない。あくまでもターナー博士のいうような9つの習慣を持っている患者には起こりうるとしか言えないのです。


スポンサーリンク

  1. がんと微小環境
    13年2月2日のこのブログの記事『がんとエピジェネティクス(5)微小環境と自然寛解』で紹介した動画でした。細胞はその周辺の組織と相互に信号のやりとりをしている。遺伝子の...
  2. 老化とがん
    ですが、この番組に隠されたメッセージは「エピジェネティクス」です。がん細胞も含めて、細胞の働きは遺伝子だけで決まるのではなくて、どの遺伝子がいつ発現するかを決定している...
  3. がんは遺伝子の異常以外でも生じる
    正常細胞に戻ることも示されました。これはエピジェネティクスによって、がん細胞を消失させることも可能だと言えるのではないでしょうか。(どのマスコミにも「エピジェネティクス...
  4. がんとエピジェネティクス(6)心ががんを治すには
    胞との闘いを抑制する流れが書かれている。エピジェネティクス理論からはどのような説明ができるのだろうか。エピジェネティクスの分野において、その研究の端緒を開いたとされる細...
  5. がんとエピジェネティクス(5)微小環境と自然寛解
    介されているのです。これらを現在の新しいエピジェネティクス理論から研究すれば、あるいは何かのヒントが見つかるかもしれません。ミナ・ビッセルはトークの最後のほうで、下のよ...
  6. がんとエピジェネティクス(4)がんの原因は?
    以下は『エピジェネティクス 操られる遺伝子』の第11章「デビルに幸いあれ」からの要約です。細胞が変質してがん細胞になる過程については二つ...
  7. がんとエピジェネティクス(3)放射線の影響
    世代の非ガン疾患増加に対する放射線影響―エピジェネティクスの観点から)』としてチェルノブイリの影響をエピジェネティクスの視点から捉えようとの試みを提案している。 ...
  8. がんとエピジェネティクス(2):エピジェネティクスとは?
    遺伝するのは遺伝子だけではないのです。「エピジェネティクス」とは、遺伝子の働きを調整するこれらの分子が、どのようにして遺伝子をコントロールしているのかを研究する学問分野...
  9. がんとエピジェネティクス(1):「がんもどき」理論
    近年、生物学あるいは遺伝学の分野で「エピジェネティクス」が話題になっています。私はこの分野では門外漢ですが、がん患者としての立ち位置から、がんとエピジェネティクスの...

« 雨上がりに咲く向日葵のように | トップページ | 確定申告の時期です »

心と体」カテゴリの記事

補完代替医療」カテゴリの記事

コメント

ババリーナふじこさん。
いつも”激しい”応援の言葉、ありがとうございます。

がん患者は、しかたのないことなのかもしれませんが、どうしても”もの”に惹かれるようです。サプリメント、食事療法、がんを一発で打ち砕く魔法の弾丸。形のないもの、運動や心の有り様で治療や癒やしを求めるのは、頼りなく感じるのでしょう。
でも、多くの情報からは運動や心の有り様が一番大切だと分かり掛けているのですが。
福岡伸一さんも最近はあまり話題にならないですね。エピジェネティクスとがんの関係でも、彼のわかりやすい言葉で書いてくれれば良いのに。

1.~9.の記事、改めて再読させていただきました。
ありがとうございます。

私はエピジェネティクスと聞くと、福岡伸一さんの顔が浮かびます。テレビの対談番組での「癌細胞に『君はもともとは〇〇の細胞なんだよ』と説得して正常な細胞に戻すのが最善」という言葉。それは、私のイメージ療法そのものでした。最初はTS-1の働きを心の中で映像化していましたが、なにも厳密に医学的事実に基づかなくても・・・と思い、方針転換。「自分の細胞が変化したものなんだから、変身解除させよう!」

それから暫く経った2013年5月、(以前、高濃度ビタミンC療法の話で登場した)M医師に今後の相談をしました。その時、福岡伸一さんの言葉を紹介すると「その通り」という反応。また、「今のところ、医学的にそれを可能にする方法は無いようですから、取り敢えずイメージ療法でやっています」に対しては、「ドンドンやってください」

あれから、もうすぐ2年。あの時、「あと2年はカル~イでしょ」とのお言葉をいただきました。確かに、一度も入院することなく、週1とは言え〈跳んだり跳ねたり回ったり〉できているのは有り難いことです。

エピジェネティクス。学習はなかなか捗りませんが、〈体の不思議探究オタク〉の私にとって、非常に魅力的分野です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨上がりに咲く向日葵のように | トップページ | 確定申告の時期です »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング