« 万古の愁いも、酒と初鰹 | トップページ | 医者がやりたくない手術 »

2015年5月12日 (火)

がんは休暇

GWも終わったけど、今年は9月の五連休の他、三連休がいくつかある。7月の連休には小樽に美味しい魚を食べに行く計画を立てている。魚を食うためだけに飛行機で!それはリッチだ、と思われそうだが、娘のマイルが期限切れになりそうなので、われわれ夫婦を招待してくれるという嬉しい話だ。もちろん旅館代と食事代はこちら持ち。

そもそも休暇とはなにか? 日常から離れてちがう環境で過ごすことだ。しなければならないことを忘れて、したいことだけをする。そのためには、青森の青荷温泉のように、電気の来ていないランプだけの宿の方が良いかも知れない。もちろん携帯電話の電波も届かない方が良い。そこまで徹底はできないが、日常の”しなくてはならないこと”は置いていこう。

がんになる前の私、つまり身体は健康だが、心は弱かった頃の私は、休暇の旅先でも欲張って目一杯観光地を回ろうとしていた。温泉に浸かりながら仕事が恋しくなったり、ToDoリストが瞼の裏にちらちらしていた。「休暇は、疲れた心をいやして、明日への活力を取りもどす」手段だという、世間一般の”常識的な”考えに疑問を持たなかった。「今日は明日のための準備期間」という考えでは本当の休暇になるはずもない。

がんになってからは、こうした考えを変えた。いや、変えようと努めている。自分にはやるべき仕事、闘うべき敵があり、己の価値を皆に証明しなければならない。休んでいる暇などないと思い込んでいた。

しかし、がんになってみれば、まして予後の悪い「がんの王様」膵臓がんとなれば、そうしたことにいかほどの価値があるのかと思うようになった。

今も仕事はしているが、自分がやるだけの価値のあると思える仕事しかしない。ま、それで済んでいるのは、いい会社からだろう。だから、仕事はしていても心は「休暇中」である。職場にいても他人の目からは自由である。自分自身による決めつけからも自由である。定年も過ぎているから、いつでも不要となればおさらばする気でいるから気持ちは軽い。

ランプではなく、電気もパソコンも携帯電話もあるが、がん患者だから、私は今休暇中である。


スポンサーリンク

« 万古の愁いも、酒と初鰹 | トップページ | 医者がやりたくない手術 »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

キノシタ さま

小樽良いですね~羨ましいです。。。

でも、私も週末パンダ見に南紀に参ります。
友人が車で連れて行ってくれるというので・・・台風がちょっと心配ですが、楽しんで来ます。
食べ過ぎ注意ですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万古の愁いも、酒と初鰹 | トップページ | 医者がやりたくない手術 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング