« パープルストライド東京2015 | トップページ | 野球賭博って悪いことなの? »

2015年10月30日 (金)

免疫チェックポイント阻害剤

先日の27日、NHKのクローズアップ現代で「がん治療が変わる ~日本発の新・免疫療法~」が放映された。免疫チェックポイント阻害剤で固形がんが「治る時代」になった。

まだメラノーマだけですが、悪賢いがん細胞が、免疫細胞に対してブレーキをかけるのをじゃまする。これで免疫細胞がいつまでもがん細胞を攻撃することができる。その他のがんでも次々に治験が進んでいる。

日本発のこの治療薬、海外で評価が進んで実用になったのです。

これまで進行がんは、治らないものと決めてしまい、「延命」を効果判定基準としてきた。「がんとうまく共存しましょう」というわけだ。しかし、「延命効果」も伸び悩んできて閉塞感が漂っていた。そうした現状でのひさしぶりに活気的な薬です。

「免疫療法」と名がついているが、巷の「〇〇免疫療法」とは別物だから注意が必要だ。

Eテレ:登場!がん治療を変える新薬
分子を発見したのは日本人です。京都大学の本庶佑名誉教授らの研究チームが発見したのは1992年です。しかし、大手の製薬企業はどこも相手にしてくれなかった。「...


スポンサーリンク

« パープルストライド東京2015 | トップページ | 野球賭博って悪いことなの? »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パープルストライド東京2015 | トップページ | 野球賭博って悪いことなの? »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング