« 「すい臓がんカフェ」参加者からのメッセージ(8) | トップページ | 「すい臓がんカフェ」参加者からのメッセージ(9) »

2016年6月19日 (日)

NHKスペシャル 「キラーストレス」

はっきり言います。私が再発も転移もせずに9年間、ここまで来られたのは、運動とメディテーションのおかげです。

サプリメントも食餌療法も効果があったのかもしれません。もちろん、がん研有明病院の齋浦先生の術式がすばらしかったことが一番の要因でしょう。しかし、高い確率で再発・転移する膵臓がんであることを考えたなら、術後の初期から運動とサイモントン療法、瞑想やマインドフルネスなどのメディテーションに取り組んできたことが大きな要因だと感じています。だから「心の有り様」がいちばん大切だよと、常々書き続けてきました。

しかし、がん患者のブログを見ても、「私、メディテーションやってます」って人は少ないのですね。皆さんサプリメントや食餌療法などの”形のあるもの”に関心がいっています。

昨夜と今夜の二夜連続で放映されるNHKスペシャル シリーズ『キラーストレス』では、ストレスとがんの関係も取り上げられています。

1929年にウォルター・B・キャノンによって初めて提唱された「闘争か逃走反応」。太古の狩猟時代の人類が猛獣などの敵と遭遇したときに、「闘うべきか、逃げるべきか」を判断し備えるためにからだはそれにふさわしい準備をします。

恐怖や不安などのストレスを受けると脳の下部にある扁桃体が活性化し、

20160619_09_15_22

それが、副腎に指令を出してストレスホルモンであるコルチゾールを放出させます。コルチゾールは心臓の心拍数を上げ、自律神経を興奮されます。

こうして、筋肉や心臓に大量の血液を供給して、生き残るための事態に備えようとします。「目の前の生きるか死ぬか」の問題に直面したとき、免疫系などの当面不必要な活動は抑制されるのです。

しかし、現代の社会においては、常にストレスに曝されて「闘争か逃走反応」が持続的に続いています。

20160619_08_03_42

がんの告知を受けた患者は、さらに大きなストレスに曝されます。免疫系の活動が弱体化して、がん細胞の増殖がより早くなるのです。

またストレスホルモンは、免疫細胞のATF3遺伝子を活性化させて、免疫細胞ががん細胞を攻撃することを抑制するのです。このためにストレスがあるとがん細胞が増殖しやすくなり、再発・転移につながるのです。

20160619_08_06_07

乳がん患者でATF3遺伝子が活性化している患者と、活性化していない患者の1年生存率を比較すると、前者では45%に対して後者では85%と大きな差があります。ストレスががん患者の生存率に大きく影響しているのかが分かります。

20160619_08_04_57

NHKの番組では最新の研究を紹介しながら、キラーストレスがわたしたちの体に大きな影響を与えていることを解明しています。

ストレスを軽減し、再発や転移を防ぐために効果的なことは、

  • 運動(30分程度を週に3回)
  • マインドフルネス、瞑想などのメディテーション

の二つです。今夜の番組ではメディテーションに焦点を当てて紹介されます。

しかし、これらのことは既にシュレベールの『がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」』でも詳しく書かれていることです。別段目新しいことではありません。2009年に出版されたこの本ですが、いまでも内容は決して古びてはいません。

シュレベールは、その後に上梓した『さよならは何度でも ガンと向き合った医師の遺言』において、「『がんに効く生活』では食事やサプリメントのことに重きを置きすぎた。もっと心と運動に関して書くべきだった」と述べていることも指摘しておきます。


スポンサーリンク

« 「すい臓がんカフェ」参加者からのメッセージ(8) | トップページ | 「すい臓がんカフェ」参加者からのメッセージ(9) »

心と体」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

補完代替医療」カテゴリの記事

コメント

NHKスペシャルは私の親友の息子がプロデュースしてる番組なので毎回見ていますが、
今回のキラーストレスが一番参考になりました。今晩のキラーストレスは面白いそうですよ。56歳の働き盛りの息子にも見るようメールしました。
返信がないと思ったらミャンマーにいてるらしくこれ又ストレスですね。

トミッチさんにはそのような経験がありましたか。もちろんストレスが直接の原因とは言い切れませんが、その可能性も否定できませんよね。なにしろ、体の仕組みがそのようになっているのですから。

マインドフルネスや瞑想を続けていると、自分の性格や行動、考え方まで変ったと分かるから不思議です。

がん研のセミナーもよろしかったようで。こうして積極的に情報を集める患者は、統計的にも長生きすると証明されていますから。

こんにちわ。いつもこちらを拝見して勉強させていただいております。

私はものすごいストレスを抱え始める直前のエコーやCTには膵臓になにもありませんでした。でも私にとって、恐怖や不安から心臓もドキドキ、不眠不休に陥り、息をするのも辛いくらいのストレスを半年間毎日抱えた結果としてなのか、膵臓にくっきりと、がんが映し出されていました。

ストレスが心ばかりではなく、体や命にまで危険を及ぼすものと私は実感しています。
キノシタさんからも教えていただきました、ストレス対処の一つとして、
(慣れるまでに時間はかかりましたが)マインドフルネスや瞑想は今ではとても私を助けるものとなっています。

おっしゃる通り、私も「心の有り様」はとても大切なこと、命につながるものだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「すい臓がんカフェ」参加者からのメッセージ(8) | トップページ | 「すい臓がんカフェ」参加者からのメッセージ(9) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索