« 第3回『すい臓がんカフェ』 | トップページ | エビデンスだけでがん治療ができるのか?(8) »

2016年11月12日 (土)

なんだか疲れたなぁ

出張帰りでなんだか疲れた感じ。歳を感じるなぁ。
今日は銀座へ買い物のお供、あっシーです。
明日は新宿へ相続税の相談の予定。死ぬ準備というわけではないし、相続税がたくさんあるはずもないが、税制が変って”もしかすると”との懸念があるため、無料の相談会へ。

というわけで明日のパンキャンのイベント「パープルストライド」は参加しない。
昨年も含めて何回か参加したが、あいかわらず膵臓がん患者はほとんどいなくて、医療関係者ばかりが目立つイベント。それはそれで意義のあることには違いないが。

ブログを拝見すると、今年はいつもよりも多くの膵臓がん患者が参加するようです。
せめて患者ブースには誰かを配置して、患者どうしでの交流のお手伝いした方がよいと思う。


スポンサーリンク

« 第3回『すい臓がんカフェ』 | トップページ | エビデンスだけでがん治療ができるのか?(8) »

手術後5年~」カテゴリの記事

コメント

キノシタさん、ありがとうございます。
いつでも声かけて下さいね。

ひぃさん。
そうですねぇ、仕事も多忙なのと血糖値も上げっているためでしょうね。
今週はまた京都へ。仕事と紅葉をかねてです。

キノシタさんこんにちは。
いつもこっそり読ませて貰ってます。
疲れたなー、なんて珍しいですねー。
カフェも盛況の様で一人でも多くの方が帰りは元気をお土産に出来るといいですね。

トミッチさん。お疲れさまでした。
このイベントの目的が、膵癌の「啓発・啓蒙」で、早期発見、早期治療を訴えるものですね。
正直、膵癌患者はお供え程度ではないでしょうか。
膵癌患者を前にして「早期発見が大事」と言われてもねぇ・・・。
我々のようにならないためにも、早期発見は大切です。

もちろん、有益なイベントだとは思いますよ。

税金の制度が変われば、それなりにこちらから調べて確認しなければ、知らなかったからでは済まされないのですものね。合法的に対策できることはしておくべきなのだろうと、母が亡くなった時にも思いました。

今日パンキャンのイベントに同じ膵癌のサバイバーのお友達と初めて参加いたしました。
医療関係の方ばかりで、患者さんたちは本当に少なく、色の違う青いTシャツを着たので、その数があまりにも少ないのが一目でわかるほど。
場違いなところに来たような感じがしましたが、最後まで参加させていただきました。
例年あるのかわかりませんが、サバイバーと遺族と二つのテントもありました。
なにぶん、患者さん(サバイバーの人)の参加は少かったこと栄養補助飲料の試飲やパンフが置いてあったので、そのテントの目的がわからなかったのですが、椅子を求めて休憩させていただき、少しお話する機会もありました。


さかなさん。
ほぼ2年ぶりのコメントですね。
パンキャンのイベントで交流を深めてください。
私も無理せずに『すい臓がんカフェ』などで及ばずながらの情報交換の場を開いています。
がんとどのようにつきあうかは、結局のところ「どのように人生を生きるのか」となりますね。
自分を見失わず、おごらず、過信せず、「生かされるままに生きる」ことが良いようです。

ご無沙汰しております。
大目玉さんの読書会(?)品川に参加していました、さかなです。
今日のパンキャンのイベントに参加されるかな…と思い、久しぶりにブログを読ませていただきました。
参加申込しましたので、久しぶりにお会いできるかと思いましたが、残念です。
くれぐれも無理せず、疲労から回復されますように、お祈りしています。

ブログの更新、知識の豊富さ、たくさん歩くこと…。
訪れる度にチカラをいただいています!! 今もまた。
今日もありがとうございます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3回『すい臓がんカフェ』 | トップページ | エビデンスだけでがん治療ができるのか?(8) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング