« インフルエンザ | トップページ | 柴犬が鳥のさえずりを »

2016年12月 2日 (金)

今日からインスリン注射

月曜日の血液検査の結果、C-ペプチド値(CPR)が0.8ng/mL(基準値 0.8~2.5)
空腹時血糖値が199mg/dLでしたので、CPI=0.8/199*100=0.4

つまり、私の膵臓はインスリンをほとんど出していません。手術で残ったわずかな膵頭部から、これまではインスリンを出していたのですが、もう限界のようです。まぁ、9年半よく頑張ってくれました。

体重の減少はこれが原因ですね。

02

このようなインスリンの働きができていないから、肝機能も少し悪くなり、筋肉が減少し、脂肪がつくれないわけだ。

CPI(C-ペプチド インデックス)に関しては、

CPI<0.8:インスリン治療が必要
0.8<CPI<1.2:インスリン治療をした方が良い
CPI>1.2:食事・運動療法と経口薬でコントロール可能

との、富山大学戸邊一之先生の試験データがあります。

20161202_19_06_46

私の場合0.4なので、躊躇なくインスリン注射を受入れました。

しばらく膵臓を休ませたらインスリンから離脱できる可能性は訊いたのですが、「通常の2型糖尿病患者でも離脱できるのは20%程度、あなたの場合は膵臓がほとんどないのだから、期待はできないだろう」との説明でした。ただ、「あなたには予想外の幸運がつづいているから、絶対にないとは言えないね」とのこと。

一生インスリンのお世話になるわけです。膵臓を全摘した方は直ちにインスリンのお世話になるのですから、10年近くそれを延ばすことができことを幸運だと受け止めるべきでしょう。

インスリンは時効型の「トレシーバ注 フレックスタッチ」を使うことに。つまり、基礎インスリンを補ってやり、食後にはこれまで通りグルファストを服用して食後の高血糖を押えることになります。

D675611442280_2

取りあえず4単位から初めて、朝の血糖値を見ながら増減していきます。

Inslin

過去の血液データを見ると、朝の血糖値が1年前には120~130位で推移していたのが、最近は160~200です。体重が右肩下がりになったのが、ここ半年くらいですから、1年~6ヶ月間で膵臓が音を上げたのでしょう。

その間食後高血糖によるグルコース・スパイクが続いていたわけで、続けていると動脈硬化からの脳卒中、心疾患になるリスクが高くなります。がんの再発のリスクも高くなる。

私は100歳まで生きてがんで死ぬのが理想だから、がんは良いが、脳卒中で寝たきりは御免被りたい。インスリン注射はがんのリスクも高めるが、それは想定の範囲内。

インスリンで「生かされるままに、生きていく

しかし、低血糖には要注意です。



スポンサーリンク

« インフルエンザ | トップページ | 柴犬が鳥のさえずりを »

血糖値管理」カテゴリの記事

コメント

kathyさん。
副作用、その通りですね。
最近に記事「牛乳には結構糖質がある」も気に入りましたよ。
私はもっぱら豆乳です。

私は胃切除で 血糖値のコントロールに四苦八苦しています。
癌で手術をすると 後遺症があるということも もっと知られるべきだし、
癌で死ななかったんだからいいでしょ、で済ませるのではなく、
こうした後遺症を軽くするための研究にも、医師は取り組んでほしいと思います。

バカ建築屋さん。
ありがとうございます。
ぼちぼちで行きますわ。低血糖が怖いから。

トレシーバは低血糖になり難く、とてもアバウトな使い方ができる薬の様です。
アバウトと云うのは、積算で効くから5〜6日で勘定が合ってれば良い、らしいです。
意識せず、今まで通りアクティブに活動して下さい。

はい。分かりました。
参照ページも拝読。お気に入りしました。
重ねて、ありがとうございます。
m(_ _)m

もこさん。
病院でも血液検査結果に注意して、
65歳以上ならHbA1cは7.5%未満が新しい管理目標値です。
治療を始めた方がよろしいかと。
http://pancreatic.cocolog-nifty.com/oncle/2016/07/post-5934.html

こんにちは。

膵体尾部切除の場合、血糖値観察&管理が必要なのですね。
我が家も充分気を付けます。
キノシタさんの情報がなければ、いまいち分かってないままです。汗。
本当にいつもありがとうございます。

お大事になさって下さいませ。
m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザ | トップページ | 柴犬が鳥のさえずりを »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想