« オプジーボの臨床試験 | トップページ | ためしてガッテン:熟睡すれば血糖値が下がる »

2017年2月21日 (火)

人工知能(AI)によるがん診断

日本病理学会が人工知能(AI)を使った病理診断技術の開発をし実用化を目指すと報じられた。

病理医不足は深刻だから、これでがん患者の治療が良い方向に向かうことを願うが、人工知能を果たしてそこまで信頼して良いものだろうか。囲碁や将棋でディープラーニングによるAIが勝利したことはすばらしいが、人間の身体は囲碁や将棋よりもはるかに複雑で精密である。私はAIには懐疑的だ。

IBMのワトソンが一時もて囃されたが、ここにきて暗雲が立ちこめだした。

IBM「ワトソン」に暗雲 有名がん研究所がプロジェクトを離脱

MDアンダーソンがんセンターがこのプロジェクトから脱退するというのだ。資金面でも契約面でも不可解なプロジェクトらしい。


スポンサーリンク

« オプジーボの臨床試験 | トップページ | ためしてガッテン:熟睡すれば血糖値が下がる »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オプジーボの臨床試験 | トップページ | ためしてガッテン:熟睡すれば血糖値が下がる »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング