« 緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する | トップページ | Kindle本-出版しました »

2017年5月19日 (金)

臨床試験の「治療開発マップ」

日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)では「治療開発マップ」をホームページに掲載しています。

このマップは、臨床試験を実施しようと計画している医師たちが、重複がないように利用するためのものですが、がん患者にとっても、今どのような臨床試験が行われているのか、考える上で参考になります。

16の専門領域別に、主ながんの種類ごとに作成されています。膵臓がんについては、対象を、

  1. 切除可能
  2. Borderline Resectable(切除限界)
  3. 局所進行
  4. 遠隔転移再発

に分類し、それぞれに「標準治療」「JCOG試験」「他組織の試験」「適用外薬」と分けられています。

20170519007

これを参考にして、がん情報サービスの「がんの臨床試験を探す」や、「臨床研究情報ポータルサイト」で検索して詳細を知ることができます。

自分が参加できる臨床試験かどうかは、まず主治医に聞いてみましょう。患者本人の進行度、体の状態、これまで受けてきた治療などを一番よく分かっているのはあなたの主治医だからです。

も参考にしてください。

同じ病気と闘うたくさんの仲間がいます。

ポチッと    にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
お願いします。 にほんブログ村

スポンサーリンク

« 緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する | トップページ | Kindle本-出版しました »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 緑茶のカテキンが膵臓がん幹細胞の機能を阻害する | トップページ | Kindle本-出版しました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング