« おごる平家は久しからず | トップページ | 免疫チェックポイント阻害剤で一部患者のがん悪化 »

2017年7月 3日 (月)

今日の一冊(75)『人生の終い方』

1_2

『終活』が盛んに話題になっているが、どういう人生の終わり方をするかは、人それぞれだろうが、突き詰めればこういうことだろう。

2016年5月に放映されたNHKスペシャル「人生の終い方」を書籍化したもの。

戦争体験を背負い、描き続けた漫画家の水木しげるさん。何気ない日常を写真に撮り、家族との笑顔の日々を残した。

昨年まで長く「笑点」の司会を続けて勇退した落語家の桂歌丸師匠。古典落語の継承が自分の使命と覚悟して、「高座で死ぬのが望み」だと仰る。

定年直後に末期の食道がんが見つかった桑原誠次さん。終末は在宅で過ごすことを選択して、めぐみ在宅クリニックの小澤竹俊医師が「ディグニティ(尊厳)セラピー」を勧めるのに従い、「終末期の心を穏やかな状態に導く」9つの質問に答え、それを家族への手紙として残す。

  1. あなたの人生の中で、一番思い出として残っている出来事、あるいはあなたが最も重要だと考えていることはなんですか? あなたが人生で一番生き生きしていたのはいつのことですか?
  2. あなたが大切な人に知っておいてもらいたいことや憶えていてほしい、何か特別なことがありますか?
  3. あなたが人生で果たしてきた役割(家族内での役割、職業上の役割、地域社会での役割など)のうち、最も重要なものは何ですか?なぜそれはあなたにとって重要なのですか?そして、それらの役割においてあなたが成し遂げたことは何ですか?
  4. あなたが成し遂げたことの中でもっとも重要なことは何ですか?一番誇らしく思ったことは何ですか?
  5. 大切な人達に言っておく必要があると思いながらもまだ言えてなかったこと、あるいは、できればもう一度言っておきたいことがありますか?
  6. 大切な人達に向けてのあなたの希望や夢は何ですか?
  7. あなたが人生から学んだことの中で、他の人達に伝えておきたいことは何ですか?(息子、娘、夫、妻、両親、その他の人達)に残しておきたいアドバイスあるいは導きの言葉は何でしたか?
  8. 大切な人の将来に向けて役に立つような、伝えておきたい言葉、あるいは教訓めいたものはありますか?
  9. この半永久的な記録を作るに際して、他に追加しておきたいことがありますか?

郵便局で働いていた桑原さんは、40年前に、当時盛んだった労働組合運動で中心的な役割を果たしたことを、生きがいになっていたと語った。そして家族への手紙には「人生に悔いはありません。お母さん、政弘、真紀、ありがとう」と記されていた。

35歳でステージ4の腎臓がんと診断された小熊正申さん。まだ幼い兄妹がいる。「子どもたちに教えたいのは、立ち向かうこと、あきらめないこと」だという。

そんなパパの期待に応えようと、兄の海ノ介君はスノボの検定試験に合格することをめざしてみごとに合格する。

治らないがんを宿したがん患者が、大切な人に何を残したいのか、大切な人の心の中で生きていくためには、いま、末期の状態であっても、どのような人生を過ごしたいのかを考える。

死に方を選ぶというのは、生き方を選ぶということ。

死んだあとで、大切な人の心の中に、どのようなあなたとして「生き続けたい」ですか。


スポンサーリンク

« おごる平家は久しからず | トップページ | 免疫チェックポイント阻害剤で一部患者のがん悪化 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おごる平家は久しからず | トップページ | 免疫チェックポイント阻害剤で一部患者のがん悪化 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング