« 『すい臓がんカフェ』応募状況 | トップページ | パスワードを定期的に変えてはいけない »

2017年7月19日 (水)

日野原重明先生 逝く

Adobestock_111279719s

「生活習慣病」の命名者でもある日野原先生が亡くなられましたね。104歳。

最後は、食事が摂れなくなっておられたようですが、経管栄養や胃ろうなどの延命治療を「やらない」と拒否されて、ご家族が見守る中、静かに永眠されたそうです。

オスラー卿の述べた "Medicine is a science of uncertainty and an art of probability."
    『医学は不確実性のサイエンスであり、確率のアートである。』
という言葉を座右の銘として、「癌の診断はサイエンスである。しかし癌の告知はアートである。」

と述べていました。

医学はサイエンスであるが、医療はアート(技術)なんですよ。そこにはエビデンス至上主義の入る余地はない。

« 『すい臓がんカフェ』応募状況 | トップページ | パスワードを定期的に変えてはいけない »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『すい臓がんカフェ』応募状況 | トップページ | パスワードを定期的に変えてはいけない »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング