« 良寛のこんな詩 | トップページ | 第3回がん撲滅サミット 岡田直美医師、光免疫療法の小林久隆氏が講演 »

2017年8月27日 (日)

マットレス交換 Airyが気持ちいい

がん患者にとって、快適な睡眠はとても大切です。

睡眠が不足すると、体温、血圧などのリズムを調整している体内時計が乱れが、がんや糖尿病などの疾患のリスクに関係しているようです。そして新しい研究によると、睡眠のリズムの乱れが遺伝子の発現パターンを変え、タンパク質の合成メカニズムを壊してしまうそうです。

各被験者の遺伝子全て(ゲノム、全遺伝情報)を対象とした解析を行ったところ、被験者が「睡眠ホルモン」であるメラトニンの分泌に従って眠っている場合には、1502もの転写産物(全遺伝子の6.4%にあたる1396遺伝子を解析)が、概日リズムに沿った遺伝子発現と分類されました。
メラトニンは脈拍や体温、血圧などを低下させ、体に睡眠の準備ができたことを認識させて自然な眠りに導きます。朝目覚めて太陽の光を浴びると分泌が止まり、目覚めてから14~16時間くらい経つと体内時計からの指令で再び分泌されます。規則正しく十分な睡眠時間を確保していれば、いつもの就床時間の1~2時間前から分泌され始める計算です。

一方、乱れた睡眠リズムの下では、血中の概日リズムに基づく転写産物は、ヒトの通常時の6.4%から1.0%まで、6分の1に減少しました。それだけ睡眠リズムの乱れは時計遺伝子の発現への影響が大きいのです。

睡眠の乱れによって遺伝子が正しく発現しなくなれば、必要なタンパク質が必要なときに作られず、体を弱らせ、老化や病気に結びつくことは容易に想像がつきます。こんな体内環境なら、がん細胞も喜んで勢いを増すに違いありませんね。

久留米大学がんワクチンセンター長の伊東恭悟先生の著書『がんを生きよう―あなたのT細胞が治療の主役です』にはこう書かれています。

睡眠と免疫には深い関係がある。免疫細胞は一日に800億個が死滅して、新しく再生される。そのためには、ほどほどに食べて夜8時間は電気を消してヨコになることで、T細胞やB細胞が増える。

2009年のブログ『快適寝具「パシーマ」』でこんなことを書いています。

寝るときにはパシーマとサニセーフという寝具を使っている。これは三層構造になったシーツのような布で、添加物の全くない脱脂綿とガーゼで作られている。中野孝次が『閑のある生き方』の中で紹介しているのが前々から気になっていて、最近買って使ってみたが、これが本当に気持ちが良い。

買ったのは洗足池の近くにある「こうえつ庵」という焼き物の店。どうして焼き物の店に寝具があるのだろうと電話で確認してから出かけた。応対していただいたのは質素な風情の麗人。この店の主人が使ってみて気に入ったので、店に置くようになったということでした。

これは『一念八十年「綿」にかけた男』の著者、梯禮一郎氏が考案した寝具で、中野孝次の『清貧の思想』を読んだ氏が、「『清貧の思想』を寝具にすると、こういうものになるんじゃないですか」と送ってきたのだという。純粋で無垢、混じり気がなく、見てくれに気を遣っていない。確かに『清貧の思想』だ。「よき老年は長持ちする本物だけを伴侶とし、数は少なくとも、日々使って楽しい日常を送ることこそふさわしいと思う」と書いている。この寝具で素っ裸で寝るのがいちばん良いと『はだか快眠健康法』という本まで書いている。さすがにはだかで寝るには少し躊躇して、パジャマのズボンだけにしているが、肌触りも快適で目覚めもすっきりする。

実は、敷布のサニセーフは2014年に買い換えたが、このときのパシーマは8年後の今でも使っている。端っこは少しぼろぼろになってきたが、現役である。本当に丈夫で長持ち、「よき老年は長持ちする本物だけを伴侶とし、数は少なくとも、日々使って楽しい日常を送ることこそふさわしいと思う」である。

狭い部屋にベッドを置くのはムダである。老子も言うように、部屋は空間があるから部屋なのであって、家具で一杯になった部屋は部屋としての用をなさない。だから、フロアに直に3cmの高反発マットレスを敷き、その上にサニセーフ、パシーマをかけて寝ている。

このマットレスがそろそろ寿命である。へたばってきたのかフロアの感覚を背中に感じるようになり、起きた時に腰が痛い。買い換えを考えていろいろマットレスを探した。テレビショッピングや新聞広告で有名人がコマーシャルしている「ツルー スリーパー」がある。今キャンペーンで13000円くらいらしい。しかし低反発マットレスでは腰痛にはよろしくない。あれほど広告に金をかけているのだから、原価は2割くらいではなかろうか。

こちらの東洋経済の記事も参考にして、

50万枚突破!激売れマットレスの"真価"腰痛持ちもミニマリストも大絶賛

お薦めのアイリスオーヤマの「エアリーマットレス MRS-S」を買うことにした。

20170827001

5cmの東洋紡エアロキューブ®をメッシュ生地で包み込み、高反発効果を直に感じられます。コンパクトに収納できる三つ折りタイプです。マットレスや敷き布団が柔らかすぎると、腰部と胸部が深く沈み込んでしまい、眠りにくいだけでなく腰痛の原因にもなります。逆に硬すぎると骨が 当たり痛みを感じたり、血流が滞りやすくなり熟睡を妨げる原因となります。
エアリーは、3次元スプリングを採用することで、身体の沈み込みをあらゆる方向から支え、効果的に体圧を分散し、理想的な寝姿勢を保ちます。

というので、私にはぴったりだ。自宅で水洗いできるのも良い。

アイリスオーヤマの通販サイトで買うよりもAmazonの方が安かった。

使ってみた感想。目覚めはスッキリ、腰の痛みも感じられず、快適である。免疫細胞も喜んでいるに違いない。三つ折りにして部屋の隅っこに立てかけられるので、ミニマリスト生活に最適だろう。

マットの堅さの好みは人それぞれです。私は高反発マットレスで普通の堅さを選んだけど、自分に合ったものを選びましょうね。


« 良寛のこんな詩 | トップページ | 第3回がん撲滅サミット 岡田直美医師、光免疫療法の小林久隆氏が講演 »

手術後5年~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 良寛のこんな詩 | トップページ | 第3回がん撲滅サミット 岡田直美医師、光免疫療法の小林久隆氏が講演 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング