« ドメインを変えました | トップページ | 今日の一冊(78)『65歳からは検診・薬をやめるに限る!』 »

2017年8月17日 (木)

ゲノム・シークエンス

633247b72253f3fe26a4acdf4ef65bbb_s

先の記事「プレシジョン・メディシンのまとめ」の続きです。

前回の記事を書いたあと、遺伝子解析に関して調べてみたが、どうにも納得できない点がいくつかある。

ひとつには、遺伝子解析の費用の問題。SCRUM-Japanでは患者の自己負担はないが、他の北海道大学病院や京都大学病院の場合、検査費用が50万円~100万円以上となっている。

イルミナ社の最新式次世代シーケンサーを使えば、全ゲノムシークエンスでも10万円以下である。

遺伝子検査には、大きく分けて

  1. パネルシークエンス(特定の遺伝子を検査)
  2. 全エクソンシークエンス(タンパク質のコーディング領域(エクソン領域)を網羅的にシーケンス・変異解析を行う)
  3. 全ゲノムシークエンス

とあるが、国立がん研究センターなどが進めているのは1.のパネルシークエンスであり、せいぜい数百の遺伝子異常を見つけられるだけである。

厚生労働省では、国内の医療従事者や研究者による「がんゲノム医療推進コンソーシアム懇談会」を立ち上げ、がんゲノム情報を用いて、医薬品の適応拡大やがんの診断・治療、新薬の研究開発など、より有効・安全な個別化医療の提供体制(がんゲノム医療推進コンソーシアム)の構築を目指すとしています。

計画では、100種類以上の遺伝子変異を一度に調べられる検査機器を、優先的に薬事承認して開発を後押しし、医療現場での検査を早期に可能にする。

また、がんゲノム医療推進コンソーシアムでは、

  • 「遺伝子パネル検査(がん等に関する遺伝子を複数同時に測定する検査)」を早期に承認し、一定の要件を満たす医療機関において保険診療として実施すること
  • 保険外併用療養を活用した全ゲノム解析を実施すること

とされ、全ゲノム解析は費用がかかるから、当面はパネル検査で行こうということらしい。しかし、全エクソンシークエンスでも1人6万円くらい(市販価格は10倍としても60万円)で解析できると言われているから、

NCCオンコパネルは、国立がん研究センターが中心となり開発された遺伝子診断パネルであり、日本人に特徴的な遺伝子変異を適切に診断できるように作られている。 (国立がん研究センタープレスリリースより)

よりは優位なはずである。

北海道大学病院や京都大学病院の「オンコプライム」も、

OncoPrime(オンコプライム)では200を超えるがん関連遺伝子で起こっている遺伝子変異を一度に調べる事ができます。(京都大学医学部付属病院のサイトから)

と、200程度の遺伝子を検査できるだけです。これでは半分以上の遺伝子異常を見逃してしまう恐れがある。

世界は「全ゲノムシークエンス」に舵を切っているのに、日本はガラパゴス化して、全エクソンシークエンスにも及ばないパネルシークエンスに固執しているのか、不可解である。

GI-screenの検体はアメリカに送って、

胃がんや大腸がんのような罹患率の高いがんでも複数の標的分子により1-5%の頻度の小集団に細分化され、希少がんのような小集団となりつつあります。このような背景のなか、がん患者さんに最適な治療薬をいち早く届けるためには、標的分子を正確かつ迅速に同定することです。そのためには標的分子を包括的に同定するマルチプレックス診断薬開発が必要となります。

解析手法としては、米Thermo Fisher Scientific社の次世代シーケンサーをベースとするマルチプレックス診断法「Oncomine Cancer Research Panel(OCP)」を採用する。

とのことだ。マルチプレックス診断とは、1サイクルのアッセイ(検定)手順の間に複数の被検体を解析できるのだが、効率は良いが特定の遺伝子のみの検査には変わりない。

素人考えで間違っているかもしれないが、どうも世界の趨勢に遅れているようで気に掛かる。


スポンサーリンク

« ドメインを変えました | トップページ | 今日の一冊(78)『65歳からは検診・薬をやめるに限る!』 »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

しまうまねっと受付係さん。

この分野は専門用語も分かりづらく、私もまだ一知半解の状態ですが、今後はますます重要な治療法になりますね。
勉強、勉強。
『すい臓がんカフェ』を通じて相談を受けたNETの方は、しまうまネット、しまうまサークルを紹介するようにしていますよ。よろしくお願いいたします。

前回のゲノムシークエンスのまとめ記事
わかりやすかったです。

私は参加しませんでしたが、しまうまサークル@関西の
2016年秋の勉強会での報告に興味深い記述があります。

http://shimaumacircle.com/katsudo/pdf/19_houkoku.pdf

4つの進行中の試験の内、一番成果を出せたものに
なるという部分です。
期間も設定されているようなので、今年度末くらいなのでしょうか?

患者個人の利益につながるまでには、時間がかかりそうですが
これからは理解していかなくてはならない分野のようで
難解なことです!!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドメインを変えました | トップページ | 今日の一冊(78)『65歳からは検診・薬をやめるに限る!』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング