« 代替医療を考えるなら、今でも『がんに効く生活』 | トップページ | 明日は秩父路の旅 »

2017年9月19日 (火)

NHKドキュメンタリー 末期がんの“看取り医師” 死までの450日

Stationtv_x_20170919_093944940

昨夜放送された、医師で僧侶で末期の膵臓がんの田中雅博さんの死までの450日のドキュメント。看取りのプロの末期がんの様子を、母を膵臓がんで亡くしたディレクターが全てを撮影した。

死ぬことは怖くはないと言った田中さん。最期は持続的沈静を希望し延命治療は拒否した。

Stationtv_x_20170919_083415984

しかし、妻であり医師である貞雅さんの思いは複雑です。なんで膵臓がんをもう少し早く見つけられなかったのかと後悔して悔しいという。

看取りのプロのありのままの最期。

しかし、膵臓がんの最期の痛みに苦悶する田中さん。貞雅さんは一日でも長くと鎮静を先延ばしにする。医師としての理想と家族としての葛藤がせめぎ合う。

田中さんが拒否した心臓マッサージを、妻の貞雅さんは最期に行った。

Stationtv_x_20170919_095218845

「千人の死を看取っても、人の死に慣れることはない」と貞雅さんは言う。

ディレクターは「理想の死なんて、最初からなかったのでないか」「死はきれい事ではない、思い通りにはいかない」と。人はひとりでは死ねない。

大腸がんだったと推測されている良寛さんも最期にはこう言ったという。「みんなが優しいから、もう少しこの世にいたい気がする」

人間にとって、死ぬのは最後の大仕事だ。


スポンサーリンク

« 代替医療を考えるなら、今でも『がんに効く生活』 | トップページ | 明日は秩父路の旅 »

膵臓癌の知識・情報」カテゴリの記事

コメント

ひぃさん。
そうなんですね。観て良かったという反面で、重い気分です。
多くの膵臓がん患者さんの最期に接してきましたが、人それぞれでした。痛みのまったくない方もいたり、激しい痛みに耐えかねて鎮静を選んだり。痛みがあっても亡くなるまでの数時間という方も。
救いは、最期の苦痛の時間はそれほど長く続かないことでしょうか。
成り行き任せが一番かもしれません。

キノシタさん、こんばんは。
普段テレビを観ないのですが観たかった様な見なくて良かった様な。
今後、どんな症状になるかは誰にもわかりません。痛みだけは嫌だと言っていますがそれも
どうなるのか分かりません。
最後までしっかり見届ける事。自分が散る桜になる時に必要な事だと思います。

金魚さん。
あの田中さんにしても・・・との想いで見ていました。
あれで良かったんだろうか? でも初戦は人知の及ばないこと。

私は「行き道は いずこの里の 土まんじゅう」で良いですわ。
これからは、下流老人・老人破産と、死ぬ前に遭遇する困難がたくさん待ち受けています。「早く死にたい」という老人が多いです。

せめて死ぬときは楽にしてほしいです。

ご無沙汰しています。金魚です。
私も見ていました・・・人の死とは、思い通りにはなりませんね。
何人看取っても思う事でした。
まだ・・と思っても、あけっけなく・・・
もうこれ以上の苦しみは・・・と思っても旅立てず・・・
人知の及ばないところで、流されていくような感じがします。
己のことと、大切な人のことでも違いますし、理屈より情が先行し、希望通りに行かないことも多いです。
このところ、大事な人達が相次いで旅立ち、またついにエンドステージにさしかかり、少々気落ちしておりました。
自分は猫のように、最後は行方不明になりたいです。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 代替医療を考えるなら、今でも『がんに効く生活』 | トップページ | 明日は秩父路の旅 »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想