« 北朝鮮のミサイルは襟裳岬を通過していない | トップページ | なぜ患者は夢の治療法に惹かれるのか? »

2017年9月 3日 (日)

統合医療を考えるなら、『がんに効く生活』を

海外 癌医療情報リファレンス」の7月28日付でこんな記事が載っていました。M.D.アンダーソンがんセンターで、7月22日に次のような教育セミナーが開催されたという記事です。

M.D.アンダーソンがんセンターがシュレベール氏の講演をおこなった際の案内にはこう記されています。

テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンターは、ベストセラー『がんに効く生活』の著者ダヴィド・S.シュレベール医師(医学博士)を迎え、教育セミナーを7月22日(水)に開催。

S.シュレベール医師は著書を引用し、日々の生活やがん予防に関する人々の考え方に変化を与え、次の事柄について実践の方法を分かちあう。

・ 科学的根拠にもとづく抗がん食を取り入れる
・ ストレスがいかにがんに影響するかを認識する
・ 運動、ヨガ、瞑想のメリットを享受する
・ 環境有害物質への曝露を最小限に抑える
・ 従来の健康法と代替的な健康法のバランスをとる

S. シュレベール氏は熱意ある科学者・医師であり、文筆家としての評価も高い。そして自身もがんサバイバーである。臨床精神医学教授、ピッツバーグ大学メディ カルセンター内総合医療センターの共同創設者にして、国境なき医師団の創立メンバーであり現在も国際的危機への介入に尽力している。

シュレベール博士の『がんに効く生活』は、NHK出版から2009年の2月に翻訳されて出版されています。内容の多くは現時点でも大いに参考になるものです。

がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」 がんに効く生活―克服した医師の自分でできる「統合医療」
ダヴィド・S. シュレベール David Servan Schreiber

日本放送出版協会  2009-02
売り上げランキング : 24849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  1. 統計や数字でわからない、本当の「余命」
  2. がんの弱点を知る
  3. がんに効く生活―環境を知る
  4. がんに効く生活―効果のある食物
  5. がんに効く生活―心の力
  6. がんに効く生活―運動
  7. まとめ―(がんを)作らない、育てない、あきらめない

からだの見張り番である免疫細胞をどのように活性化するか、がんを防ぐこころのあり方の秘訣、死の恐怖を乗り越える秘訣。著者自身の実体験に基づく内容ですから説得力があります。

シュレベール博士が最初の外科手術と化学療法を受けたあと、担当のがん専門医に、今後どのような生活をした方がよいのか、再発しないためには何に注意するべきかと質問した。がん研究の第一人者でもある担当医は、「これといってすべきことはありません。普段どおりの生活を続けてください。定期的にMRI検査をしましょう。再発してもすぐに分かりますから。」と答えた。「でも、自分でできるエクササイズとか、食べた方がよいものや食べてはいけないものとかがあるのでは? 精神的には何に気をつけた方がよいでしょうか?」と食い下がったが、「日常生活のこういう点に注意すれば再発が防げると断言できるような科学的なデータなど存在しないのですから」とにべもない。

日本でも同様でしょう。多くの医者は代替療法なんて興味もないし、知識もない。

現代医学のエビデンス至上主義では確かに断言できるようなデータは存在しないかもしれません。でも、一方で同じ病期で、同じような治療をしても再発する人もいれば再発しない人もいる。そうした結果になるには何かが違うはずです。<エビデンスがない=効果がない>ではないのです。

彼は最終的には次のような結論に達します。「私たちは誰でも、体内にがん細胞の芽を持っているだけでなく、体自体がその芽ががんに育つプロセスを妨げるように作られている。それを活用するかしないかは、本人次第である

巻頭にある次の言葉は、こころ(精神)の働きの重要さを改めて確認しているようで印象的でした。

「私はかねがね、科学としての医学の唯一の問題点は、十分に科学的でないところにあると考えている。医師と患者が、自然の治癒力を通じてからだと精神のもつ力を引き出すことができるようになるまでは、現代医学が真に科学的になることはないだろう」 ルネ・デュボス(抗生物質の発見者)

医師であり、研究者、ピッツバーグ大学統合医療センターの院長でもあった著者が、自分のがんを合理的・科学的に考え抜いてサバイバーになったのです。統合医療に興味がある人ならばぜひ読んでおきたい一冊です。間違いなく。


スポンサーリンク

« 北朝鮮のミサイルは襟裳岬を通過していない | トップページ | なぜ患者は夢の治療法に惹かれるのか? »

補完代替医療」カテゴリの記事

コメント

ババリーナふじこさん。
すばらしい経験ですね。
実体験を挙げられると説得力がありますね。もっともそれだけが原因か分からないでしょ、<エビデンス>と言われたら反論できないですが、そんなことはどうでも良いのです。治りさえすればそれでよし。

精神・思考のすごい力を、皆さんなかなか信じようとしないのですよ。サイモントン療法だって懐疑的な方も多いですが、副作用がないのだから騙されたと思ってやってみれば良いのに。

ライト氏の事例もあるし、
http://www.pan-can.tokyo/2013/07/post-a525.html

オプジーボは免疫力が本来の力を出せば末期癌さえも消失させることができると証明したわけですから。

 《シュレベール》と《瞑想》関連の記事を拝読し直しました。心の平穏の大切さを改めて痛感。でも、師匠が何度かおっしゃっているように、瞑想などを実践しておられる方は少ないようですね。効果を期待しすぎるのは良くない、と本にも書いてありますが、いろいろ試してみる方が増えるといいな。
 
 そこで、私が体験した《イメージ療法の効果と思われる例》を紹介させていただきます。

1) 数年前、ふと気づくと腹部から胸の下にかけて、赤い湿疹がびっしり。凹凸の無い極小点々。痛くも痒くもない。そこで、イメージ。点々を臍下丹田に集めて宇宙に飛ばし、花火のように打ち上げる。翌朝、きれいさっぱり消滅。

2) 膵癌の検査入院時、黄疸処置のため胆管にステント。胆汁が速やかに流れる様子をイメージ。半日ほど経つと手の甲の色が変わってきた。検査数値が半減していて、主治医びっくり。(1週間経っても全く変化無しの場合もある、とのこと)

3) 以前もコメントさせていただいた膵頭十二指腸切除術後の話。ICUにてガヤトリー女神(弁天様)が夢に現れ、不安感が吹き飛んだ。『がんに効く生活』を参考にして、聴いたり歌ったりしていたガヤトリーマントラの影響らしい。

4) 痛~い歯科治療中、急に顎がガクガクし始めた。一瞬焦ったが《マインドフルネスの痛みの観察》を実施。止まった直後、「ふじこさん、今《痛みの観察》か何かやったでしょ?」と歯科衛生士さん。

 長くなりましたが、少しでも皆さんの参考になれば(ムリかな~)幸いです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北朝鮮のミサイルは襟裳岬を通過していない | トップページ | なぜ患者は夢の治療法に惹かれるのか? »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想