« 「死」は終わりではない。必然なのだ。 | トップページ | 日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して »

2017年11月11日 (土)

まだ間に合う Windows 10への無償アップグレード

Windows2017

Windows 7の延長サポート期間終了

2020年は東京オリンピックの年ですが、もう一つ重大な予定があります。Windows7の延長サポートが、2020年1月14日に終了します。

Windows 8/8.1 は 2023 年 1 月 10 日まででサポートが終了します。

これ以降はセキュリティ・パッチも提供されないので、パソコンを使い続けるのは非常に危険です。たぶん数日のうちにはウイルスに感染し、ファイルにパスワードをかけられて身代金を要求されたり、暗証番号などの大切なデータを盗まれたりすることになりかねません。

インターネットに繋がなければ、それほどの危険はありませんが、それじゃパソコンのご利益がなくなります。

Windows 10への無償アップグレード期間は、昨年の7月で終了しています。2020年以降は新しいパソコンに買い換えますか? それともOSだけを購入しますか?

実は今年の12月31日まで、Windows 10に無償アップグレードできるのです。

障害者向け支援としての無償アップグレード・プログラム

Microsoftは、昨年の一般抜向け無償アップグレード期間が終了した7月以降も、障がい者向け支援の一環として「無償アップグレード・プログラム」を提供し続けています。

しかし、それも 2017年12月31日で終了することを明らかにしています。

同プログラムは支援技術を制限せず、"アクセシビリティ機能を利用するWindows 7/8.1ユーザー"が対象と明言しつつも、チェック機構が存在ぜずに利用しようすれば誰でも利用できるため、無償アップグレードプログラムを延長したという見方もあった。

つまり、障害者向けとは言え、その支援技術をパソコンにインストールしてある必要もなく、障害者手帳を提示しろということもありません。

ライセンス的にどうなんだ?という話は措いておくとして。(気になる人は無償アップグレードは諦めてください)

私は常々「がん患者はみんな障害者、障害者手帳を交付すべきだ」と言っているのですが、それも措いといて、最後の機会ですから挑戦してみました。

私の2台のパソコンは昨年にアップグレード済みですが、娘のデスクトップがまだWindows7のままなので、アップグレードすることにしました。

無償アップグレードは超簡単

Microsoft 無償アップグレードプログラム

上のリンクをクリックすれば、「支援技術をご利用のお客様は Windows 10 に無償でアップグレードすることができます」の画面が開くので、「今すぐアップグレード」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

20171111001_2

ダウンロードしたインストールファイルをダブルクリックすれば、あとは1~2時間ほっとくだけです。

「支援技術をご利用の・・・」と書かれてはいますが、「延長の対象となるのはどの支援技術ですか?」とのFAQには、

アップグレード キャンペーンは、特定の支援技術のみに限定されるわけではありません。Windowsで支援技術を使用している場合は、アップグレード キャンペーンを利用できます。

としか書かれていません。

注意するのは、外付け機器などのドライバーがWindows 10に対応していない場合、手動でインストールする必要があること。テレビ関係の機器は、まず動作しないと覚悟しておいた方が良いですね。

私の場合はあとで付けたテレビチューナーのドライブが対応してなくて、メーカーのサイトからダウンロードしました。

また、キヤノンのフラットベッド・スキャナが古くて、Windows10用のドライバーも提供されておらず困ったのですが、ダメモトでと試しにWindows 8.1用のドライバーを入れたら動作しました。ラッキーでした。

最後のチャンス、どうしますか?


スポンサーリンク

« 「死」は終わりではない。必然なのだ。 | トップページ | 日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「死」は終わりではない。必然なのだ。 | トップページ | 日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング