補完代替医療

2017年11月15日 (水)

シュレベールの箴言(10)

私たちの貴重な白血球を強化できるものはすべて、腫瘍の成長を拒むこともできる。

要するに、免疫細胞を刺激し、(食餌療法、運動、感情のコントロールによって)炎症と闘い、血管新生と闘うことで、がんが増殖できる環境をなくすることができる。


オプジーボのすごいところは、がん細胞を直接攻撃する薬ではなく、がんが免疫系にかけているブレーキを解除する。それによってブレーキが解除されて免疫系が本来もっている能力を発揮すれば、がん細胞を瞬く間に消失させることができることを証明した点にある。

いま話題の光(近赤外線)免疫療法でも、がん細胞が自分自身を守るために利用している制御性T細胞を破壊すれば、人間の免疫系が持っているすごい能力を使って、転移先のがん細胞ですらも消失させることができることが示されているのである。

AACR年次総会で発表された研究は小林博士らによるもう一つの知見に基づいている。「がん細胞がNIR-PIT( 近赤外線免疫療法 )に反応して破裂、壊死すると、壊死したがん細胞から細胞内の物質が細胞外へ放出される。すると近接する健康な免疫系がこの細胞残屑を「異物」として感知し、後続するがん破壊を助ける免疫応答を誘発する」という知見である。

「がん細胞を取り巻く微小環境にも、そのがん細胞を破壊する免疫細胞、つまりキラーT細胞が存在することが知られていますが、これらのキラーT細胞は、制御性T細胞(Treg)という他の免疫細胞によって抑制されています」と小林博士は説明する。

この免疫抑制細胞Tregを排除するため、Tregを標的とする抗体にIR700を接合し、この接合体を、健康な免疫系をもち、マウス大腸がん細胞あるいはマウス肺がん細胞を皮下に移植したマウスに注射した。その後、これらのがん細胞を近赤外線に曝露した結果、がん細胞微小環境から迅速かつ選択的にTregが除去され、1時間以内にがん細胞傷害性T細胞(キラーT細胞)が急速に活性化し、1日以内にがん細胞が縮小し、マウスの生存が延長された。近赤外線に曝露しなかった臓器のTregは、当該抗体‐IR700接合体を注射しても影響を受けなかった。
(「海外医療情報リファレンス」より)

Xt2f6523

Xt2f6535

(「第3回がん撲滅サミット」における小林氏の講演から)

この記事にもあるように、免疫システムがその力を発揮すれば”1日でがん細胞が消失する”こともあり得るのである。人間でも有名なライト氏の例がある。(長文ですがこちら

ライト氏の例ほどではないが、がんの奇跡的治癒、自然消失の例が少なからず報告されている。これらの症例も、何らかのきっかけによって人間の持っている免疫システムがフル稼働したのが原因ではないだろうか。

崖の向こうに落ちるのか、こちらに留まることができるのかを、最終的に決めるのはあなたの免疫力である。

続きを読む "シュレベールの箴言(10)" »

2017年11月 8日 (水)

シュレベールの箴言(9)

副作用の少ない自然の解決策があれば、私たちは体のなかの炎症を抑えることができる。自然の解決策とは、炎症を促進する毒素を生活環境から排除すること、がんに対抗できる食物を摂取すること、感情のバランスに配慮すること、運動不足を解消することである。

がん細胞は炎症作用を利用して増大する

炎症は、がんの進行に重大な役割を果たすが、多くの医師がそれに無関心であるため、身体の炎症をコントロールするための方法を勧めることはめったにありません。

代表的な炎症性サイトカインのひとつであるNF-kBは細胞増殖シグナルに関わっていますが、NF-kBの生成を阻害するだけで、がん細胞の大半を再びアポトーシス(細胞死)に追いやり、転移を防ぐことができます。がん細胞内のNF-kBの有害な作用を防ぐことができるかどうかが”生死を分ける問題”なのです。

NF-kBの生成を阻害する分子を含む”自然の解決策”とは、緑茶に含まれるカテキン(主としてエピガロカテキンガレート EGCG)、赤ワインに含まれるレスベラトロール、ターメリック(ウコン)を摂ることです。

特にターメリックの成分であるクルクミンほど、強力な抗炎症作用がある食物成分はほかにはありません。実験によると、クルクミンは、結腸がん、肝臓がん、胃がん、乳がん、卵巣がん等のがんの成長を抑制し、血管新生を抑制する効果もあり、さらにがん細胞を”アポトーシス(細胞の自殺)”に導く効果もあります。

ターメリックは、そのままではほとんど吸収されない

ただ、ターメリックはそのままではほとんど腸から吸収されません。しかし、少量の黒コショウといっしょに摂ると吸収効率が2000倍になります。インド人がカレー料理に黒コショウを使うのは経験的な知恵なのでしょうね。

京都大学の掛谷秀昭 薬学研究科教授、金井雅史 医学研究科特定准教授らの研究グループは、排泄されにくく、体内で有効成分に変わるクルクミンの合成物を合成し、クルクミンの有効成分を従来の1000倍に高めることに成功したと報じられています。

安全性の高い水溶性プロドラッグ型クルクミン(CMG)の開発に成功

掛谷秀昭 薬学研究科教授、金井雅史 医学研究科特定准教授らの研究グループは、株式会社セラバイオファーマと共同で、ウコンに含まれるクルクミンの生体内代謝物に着目することで、安全性の高い水溶性プロドラッグ型クルクミン(CMG)の開発に成功しました。本薬剤は顕著な抗がん活性を持ちます。飲み薬としては吸収されづらいというクルクミン原末の問題点を克服した成果です。今後抗がん剤などとしての実用化が期待されます。

ウコンに含まれるポリフェノール化合物クルクミンはさまざまな生理作用が報告されており、がん、心臓病、アルツハイマーなどに関する基礎研究や臨床研究が行われています。しかし、クルクミン原末をそのまま摂取しても多くは腸で吸収されないため、血液には移行せず肝臓を含む各種臓器での顕著な効果を期待できません。そこで、クルクミンをより使いやすくするために、誘導体開発研究及びドラッグデリバリーシステム開発研究などが世界中でしのぎを削っています。しかし、未だ有効な薬剤及び手法は開発されていないのが現状です。

本研究グループは、クルクミンの生体内代謝物解析(メタボローム解析)の結果などから、クルクミンモノグルクロニド(CMG)がクルクミンのプロドラッグとして利用できることを発見しました。プロドラッグとは、生体内で代謝され活性代謝物となる薬剤です。
化学合成したCMGをラットに静脈投与した際に、これまでのクルクミン原体などの経口投与と比較して、クルクミンが極めて高い血中濃度を示すことを明らかにしました。さらに、ヒト結腸腺癌細胞を移植したマウスモデルにおいて、CMGは体重減少や肝障害などを伴うことなく、顕著な抗がん活性を示すことも明らかにしました。したがって、CMGは安全性の高い抗がん剤などとしての実用化が期待されます。

この研究成果が私たちの手元に届くのはまだ先のことですから、それまでは黒コショウの助けを借りことにしましょう。

  • 「感情のバランスに配慮する」→ストレスを低減する
  • 「運動不足を解消する」

に関しては、シュレベールは別の章を立てて詳細に述べているので、あらためて記事で紹介します。

吸収されやすいクルクミンとして下記のサプリメントもあります。

続きを読む "シュレベールの箴言(9)" »

2017年11月 2日 (木)

シュレベールの箴言(8)

_dsc0352

黒姫高原にて。ここにはミヒャエル・エンデの資料館があります。


炎症は、治癒のための新しい組織の形成を支えていると見せかけて、がんの成長を促す役回りをしていることもある。

生物の体が損傷すると、自動的に組織を修復するようにできている。修復の中心となるメカニズムが”炎症作用”である。

組織が損傷すると、それを探知した血小板が集まってくる。化学物質を分泌し、白血球に警告を与える。白血球はサイトカインなどの媒介物質を作りだし、組織の修復に取りかかる。傷口周辺の血管を広げて援軍の免疫細胞の通り道を確保する。血小板の周りの血液を凝固させて傷口をふさぐ。組織の細胞を増殖させるために必要な酸素や栄養を運ぶための細い血管を作る。

がん細胞はこれらのメカニズムを利用していることが明らかになっている。がん細胞は自ら炎症を引き起こして、これらのメカニズムを乗っ取り、サイトカインなどの化学物質を大量に作り始める。これらが肥料となって周りの細胞に侵食しやすくし、増殖をしていく。

また、炎症作用を利用して、がん細胞は周囲の免疫細胞を「武装解除」して、NK細胞を初めとする白血球の活力が弱まり、目の前で増殖していく腫瘍と闘おうとしなくなる。

炎症マーカーの測定によって、患者の今後の生存率が推測できる。

患者の危険度を知るための指標

  1. 最小限のリスク
    C反応性タンパク(CRP)が10mg/l未満 & アルブミンが35g/l以上
  2. 中ぐらいのリスク
    C反応性タンパク(CRP)が10mg/l以上 OR アルブミンが35g/l未満
  3. 高いリスク
    C反応性タンパク(CRP)が10mg/l以上 & アルブミンが35g/l未満

炎症を抑えるには、まずはストレスをなくすることです。

Img_2

関連記事

がんと炎症(CRP値)
にされるのです。日本の医者の多くは、このがんと炎症の関係にほとんど関心がないか、あってもそれへの対処方法を話してはくれません。しかし、CRP値などに代表される炎...

続きを読む "シュレベールの箴言(8)" »

2017年10月30日 (月)

シュレベールの箴言(7)

22775545251_10561a04d9_k


通常の医療を受けながら、それと並行して合理的になし得る多くのことが存在する。それらは症状の改善、治療の効果、副作用の緩和、寛解期間の延長、そして再発リスクの減少に貢献しているのである。

シュレベールが言う”アンチキャンサー方式”(『がんに効く生活』の原題が「アンチキャンサー」である)をじっせんすることによって、19年間脳腫瘍が寛解状態にあったが、再発する。

それでは彼の試みはムダだったのか、という問いに対して、彼はこう答えている。

第一に、私自身の例はそれだけでは科学的実験にはならない。私の例は多数の中の一つの臨床例に過ぎない。
第二に、標準的であろうと実験的であろうと、あらゆる治療法は成功と失敗の両方の可能性を免れない。がんの奇跡的な治療法は存在しないし、100パーセントの成功はあり得ないのだ。

どんなことが起ころうとも、自分の健康のあらゆる面を最大限大切にしようとすること道を選んだことを、わたしは幸せに思うだろう。

なにより大切にしなければならないのは、健康であり、精神のバランスであり、他者との関係であり、そして私たちの地球である。

彼は『がんに効く生活』を実行していることで安心し、過剰なスケジュールで仕事をこなしたことを、再発したひとつの原因としてあげている。

シュレベールの脳腫瘍は、99%の人が6年以上生存しないがんである。それは膵臓がんも同じであろう。

かれが20年生存したあとで再発したからといって、『がんに効く生活』が間違っていることにはならない。

続きを読む "シュレベールの箴言(7)" »

2017年10月28日 (土)

シュレベールの箴言(6)

_mg_8919

湯布院の朝霧


免疫細胞は、客観的に見て、より”生きる価値”があるように見える人生を送っている人間の体内では、それだけ活発に動くかのように見える。

がん細胞に対して活発な免疫システムを持っている人は、白血球が活発でない人に比べ、何種類ものがんから守られているように見え、がんが転移して体に広がっていくおそれも少ない。

私たちも、白血球の生命力を刺激することができる。少なくとも、その力にブレーキをかけないようにすることはできる。

免疫システムに関するさまざまな研究によって、食生活が健康的で、環境が清潔であり、全身を使った運動をしていれば、白血球は活動レベルが最も高くなることが知られている。

NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 第3回 あなたを守る!細胞が老いと戦う」 は長生きする人の免疫細胞には特徴がある。NK細胞が老化による影響がなく、元気なのです。老化した免疫細胞を二十歳台と同じように活発にする方法があるのです。それが運動です。わずか5分間の自転車漕ぎ運動で、免疫細胞が活発に活動することを、バーミンガム大学の研究者らが明らかにしました。【リンク先の 動画の13分ころから】

バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠、それに心の平安が、免疫力を高め提示する上で、最も大事なことのようです。

続きを読む "シュレベールの箴言(6)" »

2017年10月25日 (水)

シュレベールの箴言(5)

大事なものの追求を先延ばしにしてしまっては、結局、大事なものを一度もきちんと手にすることがないまま、人生は指のあいだをすり抜けていってしまう

資格を取って、良い仕事に就き、成績を上げて昇進し、家を建て、子どもを育て、ローンを払って・・・老後を安泰に暮らす。

こんなことを考えて、今日を明日の準備のために費やしていては、いつ本物の人生を味わうんだろう。

だが、治らないがんになると、こうした奇妙な錯覚やためらいを一掃してくれる。

なにしろ、残された時間が有限だということに、愚かにも、やっと気がつく。

それでも、一縷の奇跡を信じて、治療に貴重な時間を費やす患者もいる。奇跡を信じても良いんだよ。治療のことを考えるのも必要だ。でも、そればかりじゃ、明日のために今日を生きているだけ。今日という時間はするりと逃げ去ってしまう。

がんは、人生がいかにはかないものであるかを感じさせ、だから貴重なのだと、人生の価値を味わわせてくれるのだ。

シュレベールは死の4週前まで、自分の人生やがんとの闘いをふりかえり、検討を加え、すべてのがん患者への「遺言」として書き残しました。それが『さよならは何度でも ガンと向き合った医師の遺言』です。

がんの「奇跡的な治療法」は存在しないし、100パーセントの成功はありえない。私の例は、それだけでは科学的実験にはなり得ない。『がんに効く生活』で提示しているのは、何万にも上る統計的データ、科学的文献に基づいているのだから。自然治癒力を高める方法はいくつかあるが、その切り札を全てそろえたからといって、あらかじめ勝負に勝つことが保証されているわけではないのです。

続きを読む "シュレベールの箴言(5)" »

2017年10月24日 (火)

シュレベールの箴言(4)

病気に対する正しい知識を持ち、体と心をケアし、健康増進に必要な情報を与えられている人々は、がんと闘うため、体の重要な機能を作用させることができる。

誰もが奇跡的な回復の話を耳にしたことがある。余命数ヶ月と宣告されたにもかかわらず、数年間、場合によっては数十年間も生きた人の話だ。(シュレベール自身も20年間生きた)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校で、生検によって前立腺がんの診断が確立した患者93名を二つのグループに分け、手術を受けずに腫瘍の変化を見守る治療法を行った。

一つのグループは定期的にPSA検査だけを受け、もう一方のグループは、ビタミンE,C、オメガ3脂肪酸等のサプリメント、菜食量法、ウォーキング30分を週に6日、ヨガ、呼吸法、瞑想、段階的リラクゼーションのプログラムを実践した。

その結果、PSA検査だけのグループでは1年後49名のうち6名の腫瘍が悪化し、手術することになったが、あとのグループからは悪化する患者は1人も出なかった。のみならず、ほとんどの患者の腫瘍が縮小していたのである。

生活スタイルの改善とがんの進行の停止との間に何らかの関連があることは、明かである。

がんの統計では、ただ医師の診断を受け入れるだけの患者と、自分の体が生まれつき持っている防衛力を引き出す患者との違いが分からないのである。

自然の防衛力を働かせるための、シンプルな4つのルールとは、

  • 発がん物質のデトックス
  • がんに対抗できる食生活
  • 適度な運動
  • 精神的な平穏

である。

がんを治す自然のアプローチ法というのは存在しない。だが、避けようのない運命というものも存在しない。

続きを読む "シュレベールの箴言(4)" »

2017年10月23日 (月)

シュレベールの箴言(3)

統計は情報に過ぎず、けっして宣告ではない。

進化論の専門家で「第二のダーウィン」と呼ばれたスティーブン・ジェイ・グールドは、40歳で腹膜中皮腫と診断された。中皮腫は不治の病とされており、生存期間中央値は8ヵ月である。

彼は論文をくまなく読みあさり、中皮腫の生存率曲線を見つける。グールドは、

Img

  • 余命の中央値が8ヵ月ということは、半数の患者は8ヶ月以上長く生きることができる
  • 長い尻尾(ロングテール)がついており、それはゼロにはならずどこまでも伸びているように見える
  • このグラフは10~12年前に治療を受けていた患者のデータであり、治療法とそれを支える患者自身ができることは進化している

を”発見”する。

恐竜の尻尾の先は、地面につかず、必ず「例外的に生存している患者」がいる。あなたがその例外になることは、難しいことではない。

がんに罹り、その運命と闘おうとした時に目標とすべきは、グラフの曲線の尻尾の先端に達するために、自分にできる限りのチャンスを与えることなのだ。

続きを読む "シュレベールの箴言(3)" »

2017年10月21日 (土)

シュレベールの箴言(2)

がんを治すことができる代替治療法はひとつもない。しかし、私たちの体がもっているがんに対する自然の防衛力を無視するのもまた、ナンセンスである。

がんの芽を摘むことができるはずの潜在能力を否定するような神話も蔓延している。例えば、がんは遺伝子の病気であり、いちど成長した腫瘍はどんどん大きくなり、自然に、体の力で縮小することはない、という神話である。

がんの多段階発がん説は、いまでは正当な仮説として多くの科学者に肯定されている。しかし、これも「仮説」でしかない。一方でエピジェネティクス理論によって、がんが縮小することも示されている。

手術・放射線・化学療法、さらには将来は遺伝子治療、免疫療法という西洋医学によって開発されたすばらしい治療法に頼らずして、がん治療は考えられない。しかし、私たちの体をがんから守るために利用できる新しい科学的知識を無視するのも馬鹿げている。

続きを読む "シュレベールの箴言(2)" »

2017年10月20日 (金)

シュレベールの箴言(1)

シュレベールの『がんに効く生活』から、名言・箴言などを集めて、シリーズで紹介します。

補完代替医療(統合医療)を考えるなら、『がんに効く生活』はぜひ読んでおきたい一冊です。

私たちは誰でも、体内にがん細胞の芽を持っているだけでなく、体自体がその芽ががんに育つプロセスを妨げるように作られている。それを活用するかしないかは、本人次第である。

シュレベールは、フランスの医師、神経科学者、著述家である。ピッツバーグ大学医学部の精神医学教授であり、アメリカにおける「国境なき医師団」の創立メンバーでもある。

新しく開発されたfMRIの実験台となったところ、脳腫瘍が見つかる。この本を書いた時は、見つかってから7年目であり、彼自身が調べて実行した統合医療に関して紹介している。

医者は『サイエンス』誌や『ネイチャー』誌といった権威ある雑誌で発表されたばかりの、科学の基本的な発見について、あまり知らない。人体レベルの実験が行われていないかぎり「エビデンスがない」と切り捨てる。

しかし、シュレベールは

それでも、そうした重大な発見こそが、ときには、新しい薬や治療法が誕生するのを待たずして、自分で自分の身体を守きっかけとなることがある。

と言うのである。医学的データベースに容易にアクセスできる立場に合った彼は、

科学的データを集めることで明らかになったのは、がんとの闘いの中で私たちの体が本来もっている”がん”防衛のメカニズムがいかに重大な役割を果たしているか、ということだった。

とも述べている。

続きを読む "シュレベールの箴言(1)" »

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング