パソコン・インターネット

2017年11月23日 (木)

格安SIMはどれを選ぶ

楽天モバイル「050データSIM」は失敗だった

以前はドコモと契約していましたが、メールの受信とニュースサイトを見るのが母屋使い方です。これに7000円は勿体ないので、格安SIMを検討して、楽天の「050データSIM(SNS付)」にしました。とにかく月額料金が安い!3.1GBプランで1,020円!

20171123002

通話はViberでつながるので、通話料金は、固定電話宛:3.06円(分)、携帯電話宛:10.01円(分)でした。

ところが、私の携帯端末のせいかもしれませんが、時々着信しない。WiFiでつながっているときは問題ないのですが、外でLTEでつながっているときには着信も発信も、3回に1回しかつながらない。

もう一度格安SIMを比較して契約をしなければならなくなりました。

格安SIMはどこがよい?

11月15日のマイナビニュースに『利用している格安SIM、満足? 不満?』という記事がありました。

Q1「メインで使用している格安SIMブランドはどちらですか」

  • 楽天モバイル: 26.7%
  • OCN モバイル ONE: 8.3%
  • IIJmio: 7.2%
  • mineo: 8.5%
  • FREETEL SIM: 5.7%

どの程度満足しているかの質問には、

  • 料金プラン: 72.3%
  • 通信速度: 5.9%
  • ユーザーサポートなどのサービス: 4.0%

料金には多くが満足しているのは当然ですが、通信速度には6%しか満足していません。
ただ、私の場合はYouTubeなどの動画は見ないし、あまり問題にならないだろうと、やはり楽天モバイルの「通話SIM」に決めました。半年間は月額基本料が半額です。

楽天モバイルの新プラン「スーパーホーダイ」は、当月の高速データ通信容量を使い切っても最大1Mbpsの通信速度で利用できるのが特徴。リーズナブルな料金で、ある程度の速度が出るデータ通信を無制限に使えるのは注目すべきメリットとなります。

しかし、3.1GBすらも使い切れないで、繰り越し分も含めてまだ5GB残っています。私には「スーパーホーダイ」も不要で、通常の契約(3.1GB 1600円)で充分でした。通話も家族間のみですし。

20171123_164644

※キャンペーンで半年間の基本量は半額の800円(税別)ですから、通話料なんて20~40円ですね。ほとんど発信していません。

ちょうど駅前に楽天モバイルの直営店舗がオープンしたこともあり、契約更新もすんなりできました。

使ってみて「大満足」。何も問題はありません。端末はdocomo時代からのサムソンSC-04E。すでに4年以上使っています。そろそろ買い換えかな。

2017年11月11日 (土)

まだ間に合う Windows 10への無償アップグレード

Windows2017

Windows 7の延長サポート期間終了

2020年は東京オリンピックの年ですが、もう一つ重大な予定があります。Windows7の延長サポートが、2020年1月14日に終了します。

Windows 8/8.1 は 2023 年 1 月 10 日まででサポートが終了します。

これ以降はセキュリティ・パッチも提供されないので、パソコンを使い続けるのは非常に危険です。たぶん数日のうちにはウイルスに感染し、ファイルにパスワードをかけられて身代金を要求されたり、暗証番号などの大切なデータを盗まれたりすることになりかねません。

インターネットに繋がなければ、それほどの危険はありませんが、それじゃパソコンのご利益がなくなります。

Windows 10への無償アップグレード期間は、昨年の7月で終了しています。2020年以降は新しいパソコンに買い換えますか? それともOSだけを購入しますか?

実は今年の12月31日まで、Windows 10に無償アップグレードできるのです。

障害者向け支援としての無償アップグレード・プログラム

Microsoftは、昨年の一般抜向け無償アップグレード期間が終了した7月以降も、障がい者向け支援の一環として「無償アップグレード・プログラム」を提供し続けています。

しかし、それも 2017年12月31日で終了することを明らかにしています。

同プログラムは支援技術を制限せず、"アクセシビリティ機能を利用するWindows 7/8.1ユーザー"が対象と明言しつつも、チェック機構が存在ぜずに利用しようすれば誰でも利用できるため、無償アップグレードプログラムを延長したという見方もあった。

つまり、障害者向けとは言え、その支援技術をパソコンにインストールしてある必要もなく、障害者手帳を提示しろということもありません。

ライセンス的にどうなんだ?という話は措いておくとして。(気になる人は無償アップグレードは諦めてください)

私は常々「がん患者はみんな障害者、障害者手帳を交付すべきだ」と言っているのですが、それも措いといて、最後の機会ですから挑戦してみました。

私の2台のパソコンは昨年にアップグレード済みですが、娘のデスクトップがまだWindows7のままなので、アップグレードすることにしました。

無償アップグレードは超簡単

Microsoft 無償アップグレードプログラム

上のリンクをクリックすれば、「支援技術をご利用のお客様は Windows 10 に無償でアップグレードすることができます」の画面が開くので、「今すぐアップグレード」をクリックしてインストーラーをダウンロードします。

20171111001_2

ダウンロードしたインストールファイルをダブルクリックすれば、あとは1~2時間ほっとくだけです。

「支援技術をご利用の・・・」と書かれてはいますが、「延長の対象となるのはどの支援技術ですか?」とのFAQには、

アップグレード キャンペーンは、特定の支援技術のみに限定されるわけではありません。Windowsで支援技術を使用している場合は、アップグレード キャンペーンを利用できます。

としか書かれていません。

注意するのは、外付け機器などのドライバーがWindows 10に対応していない場合、手動でインストールする必要があること。テレビ関係の機器は、まず動作しないと覚悟しておいた方が良いですね。

私の場合はあとで付けたテレビチューナーのドライブが対応してなくて、メーカーのサイトからダウンロードしました。

また、キヤノンのフラットベッド・スキャナが古くて、Windows10用のドライバーも提供されておらず困ったのですが、ダメモトでと試しにWindows 8.1用のドライバーを入れたら動作しました。ラッキーでした。

最後のチャンス、どうしますか?

続きを読む "まだ間に合う Windows 10への無償アップグレード" »

2017年10月28日 (土)

お薦めのレーザープリンタが製造中止に。

このブログで紹介してきたお薦めのレーザープリンタが製造中止に。

20171028001

レーザープリンタとしては格安で(定価は高いけど)、8年近く使ってきました。購入時の価格は13,000円くらいだったと思います。それが最近では19,800円と少しずつ値上がりしていて、おかしいなぁと思っていたところです。

いま使っているものもそろそろ寿命かなと考えていて、次もこのプリンタをと思っていただけに残念です。

ちなみに新機種Color MultiWriter 5850C PR-L5850Cは40,000円位しています。

しかし、下位機種のPR-L5800Cなら、25,000円です。

自動両面印刷機能が標準で装備されていて、PR-L5750Cの実売価格よりも安いので、壊れたら次はこれですね。

価格ドットコムの最安値よりもAmazonの方が安いようです。

ブラザーからも同様のカラーレーザープリンタが出ています。価格は安いですが、この機種のインクトナーが高い。再生トナーもほとんどなくて、ランニングコストを考えたら選択肢に入りません。

インクジェットプリンタのランニングコストがバカ高いので、その対策としてのレーザープリンタですから、本体価格もですが、ランニングコスト重視です。

お薦めのレーザープリンタは、日本電気 A4カラーページプリンタ Color MultiWriter 5800C PR-L5800Cに変更ですね。

続きを読む "お薦めのレーザープリンタが製造中止に。" »

2017年10月27日 (金)

ブログタイトルを変えた結果・・・アクセス数に影響なし

8月31日にブログのタイトルを、これまでの『膵臓がんサバイバーへの挑戦』から『残る桜も 散る桜』に変えたのですが、その影響かどうか、ブログ村の膵臓がんカテゴリーは、inポイントで25位くらいで推移しています。以前は10位以内も多かったので、結構な下落ですね。

しかし、ココログの「アクセス解析」を調べてみると、変更前後の2ヶ月間で、ページビューも訪問者数も変化がありません。

一安心です。

1日の訪問者数は1000~2000人の間で、平均して1人の訪問者が2つの記事を閲覧してから離れていきます。

アクセスカウンターの10年間累計が550万ですから、平均すれば1500/日。10年間ほぼ一定数で推移していることが分かります。

20171027001_2

驚いたのは地域別で、東京よりも宮崎県が断トツに多いことです。次が徳島県。宮崎は押川先生やビオさんのおかげでしょうか。関西は少ないですね。東京の話題が多いためでしょう。

参照元を見ると、GoogleとYahoo!で約50%、その他はブログ村とお気に入りからの訪問者でしょう。PCとiOS、Androidが3分の1づつで、ケータイは思った以上に少ないです。

年代を見ると、当然ですが20~40代が9割を占めていて50代以上は極わずかですね。がんになる高齢者にとって、インターネットはまだまだ敷居が高いということなのでしょう。

この辺りの対策もなんとかしたいですね。押川先生が提唱しているように、患者会で、高齢のがん患者を対象にタブレットの使い方で講習会をやるとか。

信頼できる情報源である『がん情報サービス』などにも、高齢がん患者はたどり着けないのでしょうね。

以上の分析の結果、タイトル変更はアクセスには何の影響もないし、ブログ村の順位はあまり気にせずともよろしい。ただ、50位以内にいないとアクセスは減るだろうと思います。

続きを読む "ブログタイトルを変えた結果・・・アクセス数に影響なし" »

2017年10月26日 (木)

メールの署名と「全員に返信」

署名のないメールは時間どろぼう

メールをもらって閉口するのは、差出人の署名がないメール。

メールのアドレスを見ても誰からなのかさっぱり推測ができない。過去のメールをチェックすれば分かるのだろうが、手間がかかる。

これって「時間どろぼう」だよね。

Outlookなら、「新しい電子メール」作成画面の「メッセージ」タブに「署名」があるから、ここから新規に作成する。

Gmailでは、「設定」の下の方で「署名」作成ができる。スマホ版のGmailも「設定」で指定するアカウントをタップすれば署名の作成画面が出てくる。

簡単な設定で、受け取る方のストレスが減るのでお願いします。

メールへの返信は「全員に返信」を

せっかくこちらがCC付きで送っているのに、単に差出人宛だけに返信をしてくる場合も、困る。返信されたメールを改めてCCのメールアドレス宛に、こちらが転送しなくてはならなくなる。

でないと、情報の共有ができない。

たいがいのメーラーには「返信」と「全員に返信」があるから、ぜひこちらでお願いしたい。

Gmailなら「設定」で、「返信時のデフォルト操作」において「全員に返信」を選んでおけば、いちいち気を遣わなくても良い。Outlookでは・・・普段使っていないから分からないが、多分そうした設定があるのではないだろうか。

<全員に返信が困る場合も、ある。CC相手には見せたくない内容などのとき。そのときは「返信」を選ぶ>

最近、そうした例が多すぎたので、お節介で押しつけがましいですが、私宛のメールには署名付きで、返信は「全員に返信」でお願いいたします。(゜゜)(。。)ペコッ

このブログへのコメントでも、「通りすがり」の名で来るのは、メールアドレスは書かれてあるが存在しないものがほとんどだ。

メールアドレス存在・生存・死活確認ツール

で調べればすぐに偽アドレスだと分かる。その手のコメントは自動的に削除するように設定してあるので悪しからず。正しいアドレスの書かれていないコメントには返事もしません。

続きを読む "メールの署名と「全員に返信」" »

死んだときのためのパスワード管理

ネットショッピングや銀行のサイト、すべてIDとパスワードが必要です。

パスワードを設定しているサイトを数えたら100ほどあった。予想外である。

私が突然死したらやばいよね

パスワードの管理は面倒だからと同じパスワードを使い回ししている方も多いが、これはやめた方が良い。超危険だ。

かといって、全て違うパスワードにしたらメモ帳にでも書いておかねば管理しきれない。しかし、世の中には無料で使えるパスワード管理アプリがたくさんある。

オレが突然死んだら、パスワードが分からないと妻も子どもたちも困るだろう。

お薦めは、LastPass

20171026001

LastPass

マスターパスワードだけを覚えておけば、あとはクラウドで全てのパスワードを管理してくれる。

20171026002

サイトのフォーム画面を開くと、自動的にIDとパスワードが入力される。
データはクラウドに保存されているから、PC、スマホで同期ができる。

しかし、このサービスが終了したらという不安は消えない(どのサービスでも同じだが)
で、念のためにもう一つの管理アプリを使っている。

念のためのIDマネジャー

20171026003

IDマネジャー

LastPassは3つの入力項目には対応できないが、こちらは最大で5個の入力項目に対応する。こちらもマスターパスワードを一つ記憶しておくだけで良い。
ブラウザのアップデートなどでLastpassの動作が不安定なときにも慌てずにすむので重宝する。

20171026004

  DropBOXにインストールしておけば、スマホからも見えるので重宝します。

これでいつ死んでも安心

この二つのマスターパスワードを娘に教えておけば、あとは何となしてくれるだろう。

1Passwordも人気があるらしいが、英語表記だから使うのに戸惑う。

続きを読む "死んだときのためのパスワード管理 " »

2017年9月 7日 (木)

ブログ村のランキングなんて気にしなくてよい

ブログ村の「膵臓がん」カテゴリーに登録はしていますが、見ることも少ないし、順位などまったく気にしていません。それは、ブログ村のランキングはアクセスの実情を正確には反映していないからです。

Google Analytics でこのブログを分析した結果です。

20170907001

訪問者はどんな手段でこのブログに来たのか、下から順に

  1. Google検索から
  2. ダイレクト(ブックマークやお気に入り、Twitterから)
    これはほとんどがリピーター
  3. Yahoo検索から
  4. ブログ村から
  5. その他

です。ブログ村からは10%程度の割合です。GoogleやYahoo!で検索して訪れてくれ、気に入ったらブックマークに登録してリピートしてくれる。そのような概要が見えます。

だからブログ村のランキングなど気にしなくて良いのです。登録しておけば新着記事を見て訪問するかたがいますので、お願いしてまで「ぽっちっと」は要らないのですね。

最近はスマホからの訪問者が50~60%を占めるようになりました。したがって、スマホでも読みやすい記事の配置を心がけています。

20170907002

とはいえ、50位以下の欄外になればアクセス数にも影響が出るだろうから。

続きを読む "ブログ村のランキングなんて気にしなくてよい" »

2017年7月23日 (日)

Windows10でデュアルブート環境を

稲田防衛大臣って美人の部類なんでしょうね。変に似合ってる鯖江のメガネ、リボンベルトや高価なブランドもので身を包み、追求されたら涙を流し・・・。女性には嫌われるタイプだろうか。

先日の報道ステーションは秀逸でしたね。

と、かつてのたまわった稲田氏。超ブーメラン(T_T)でわ。これが将来の総理大臣候補とは、なんとも馬鹿にしていて嘆かわしい。

でも、動画で久しぶりに笑えました。(*^▽^*)


今日は半日かけてパソコンと格闘。Windows10でデュアルブート環境をつくる必要があって四苦八苦。

1. EaseUS Partition MasterでDドライブに起動用のパーティションを作って、

20170723005

2. EaseUS todo Backupで、Cドライブのクローンを、新しいパーティションに作る。

20170723006

3. EasyBCDで、ブートローダーに登録する。

20170723007_2

4. 同じOSで2つのブート領域が完成。

20170723_165227

と書くと簡単だが、ここまで行き着くのに試行錯誤が大変だった。
CドライブはSSDが入っているが、新しい起動ディスクはHDDです。HDDの起動速度の遅さを改めて認識。2つ作っておけば万が一のトラブルにもパソコンが使えます。

続きを読む "Windows10でデュアルブート環境を" »

2017年7月20日 (木)

パスワードを定期的に変えてはいけない

A80f1d6c6827958816c7034215236676_s

銀行などから「30日間パスワードが変更されていません」と、お節介なお知らせが来るが、全て無視している。じゃぁ、私はどのようにパスワードを管理しているかというと、

  1. 15文字以上のアルファベット・数字・記号を組み合わせて推測が困難なパスワードを使う
  2. 同じパスワードの使い回しはしない
  3. ブラウザに「パスワード保存」はしない
  4. パスワードの管理は、LastPassIDmanagerで行い、Masterパスワードだけを記憶しておく
  5. インターネットバンキングはワンタイムパスワードを併用し、フィッシング詐欺対策として、銀行推奨のアプリはインストールしておく(万が一被害に遭っても銀行からの補償を受けられる)

だいたい、パスワードや暗証番号が盗まれたら、数時間後には預金は引き出されているだろうから、月一でパスワードを変更するのは、何の対策にもなっていません。それに忘れやすい。

忘れないために、Excelに記録しておくなんてことをしている方もいるが、エクセルのブックにパスワードを設定している人はどれほどいるのだろうか。付箋に書いてPCに張り付けておくなんて、最悪ですね。

頻繁にパスワードの変更を催促しても、一文字変えたパスワードを使い回しているのが実情ではないでしょうか。

News Week 日本語版に、こんな記事が載りました。

「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

米政府機関はもう、パスワードを定期的に変えるのを推奨しない。アメリカの企画標準化団体、米国立標準技術研究所(NIST)が発行する『電子認証に関するガイドライン』の新版からルールを変更する。

ウェブサイトやウェブサービスにも、サイトが乗っ取られたのでもない限り、「パスワードが長期間変更されていません」などの警告を定期的に表示するのを止めるよう勧告するという。銀行や病院のように人に知られてはいけない個人情報を扱う機関も同じだという。

これ、常識的で実情に合った勧告ですね。しかし64文字以上の「パス フレーズ」も敷居が高い。当面は15文字程度のランダムな組み合わせでパスワードを生成していこう。

続きを読む "パスワードを定期的に変えてはいけない" »

2017年5月22日 (月)

Win10にアップグレードでパソコン復調

デスクトップPCがしょっちゅうフリーズしていたのだが、先週Windows10にアップグレードしたら、調子が良くなった。

昨年のWindows10への無償アップグレード期間中に、マイクロソフトのお節介に反発しながらも、一度10にアップグレードして再び7に戻してあった。こうすれば個別のPCのライセンス・プロダクトキーがマイクロソフトに送信されて、無償アップグレード期間後でも再アップグレードが無料でできる。(こんな面倒なことをやっている人は少ないだろうなぁ)

これを利用して、すんなりとWindows10に無償アップグレードができた。フリーズがほとんどなくなったが、イマイチ動作が不安定。どうやらKORGの USB DAC DS-DAC-100m のドライバーが原因らしいと思えたので(こいつが直近に追加した周辺機器なので)、ドライバーを再インストールしたら快適に動作している。

問題は、2008年に買ったキヤノンのスキャナーLide 200のドライバーがOS 8.1までにしか対応していないこと。ダメモトでと、OS8.1 64bitのスキャナドライバーとスキャナアプリMP Navigator EX Ver. 2.05 をインストールしたら、問題なく動いている。

やよいの青色申告はWindows10対応に買い換えたので、これで動作しないアプリはなくなった。

やれやれである。

続きを読む "Win10にアップグレードでパソコン復調" »

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング