手術から退院まで

2007年7月27日 (金)

退院しました。

本日無事に退院いたしました。

たくさんの方からお見舞いや励ましの言葉をいただき、感謝しております。ひとつの山を越えたということで、これからは抗がん剤の投与を続けながらがんばりたいと思います。

ありがとうございました。

2007年7月26日 (木)

膵管破裂一歩手前だった!

37816

膵臓ガンの多くは膵管細胞ガンであり、がん細胞によって膵管が閉塞されて、場合によっては膵管が破裂という悲惨なこともあるらしい。膵臓は脂肪組織の中に浮いているような状態だが、膵管が破裂して膵液が周囲の組織を溶かすと急性膵炎となり、かなり危険な状態だという。

6月12日添付した私の膵臓のCT画像を再びアップしたが、膵臓の右半分の中央部に見える黒い筋は、本来はCTでは見えるはずのない膵管である。中 央部(黄色の丸)の腫瘍によって膵管が閉塞されて膵液の行き場がなくなり膨らんでいるのがよく分かる。つまり膵管破裂の一歩手前だったということに、今に なって気づいたという訳だ。

関わってきた4人の医師がみんな「とにかく急いで」といったわけはこれを危惧していたからに違いない。組織検査をせずに手術に踏み切った理由も同じであろう。

手術の結果も「あと数ミリ血管に近ければ、あるいは血管にガンが浸潤していれば手術はできなかった」との説明だったから、いくつもの危ない橋を紙一重の差でかわしてきた幸運の連続だったんだと、今頃になってヒヤリとしている。

続きを読む "膵管破裂一歩手前だった! " »

2007年7月25日 (水)

不在者投票

日本がおかしい! こんな国になるはずではなかった!こんな思いをぶつけようと病院内で不在者投票をした。封筒に二重に入った投票用紙を持って事務室の職員が病室まで来られて、その場で投票用紙に記入する仕組み。


今度の参議院選挙は、根源的な争点は「憲法を変えるかどうか」です。平和と民主主義を志向してきた「戦後レジーム」を「改憲」という方向に変えよう とするアベシンゾウら右翼政治家の野望を許すかどうかです。そしてこのような未熟で自分勝手で低能な首相を送り出すまでに劣化した自公の統治を継続させる のかどうかが問われている選挙です。

年間に少なくとも百人が餓死している困窮と格差社会の日本、毎日「人身事故」という名の『自殺』でどこかの電車が止まっている国、自殺者は年間一万 人を越えようとしてその多くは経済的理由だといいいます。親が子を殺し、子が親を殺す家庭の崩壊、消えた年金、定率減税の廃止や消費税の増税、閣僚の相次 ぐ暴言や政治とカネの問題。こうした問題のすべてが「戦後レジューム」を変える方向のこれまでの政治と密接に絡んでいるのです。

戦後我々が目指してきた日本はこんな国ではなかったはずです。どこで狂ってしまったのでしょう。 しかし改憲を目指す人々はいっそうこれまでの格差社会を推し進めようとしているのですから、選挙の争点は憲法を変えてよりいっそうの格差社会を許すのかどうかという点で非常に大事な選挙です。

2007年7月24日 (火)

退院日27日に

退院日が7月27日(金)に決まった。

入院が誕生日の6月27日だったからちょうど一ヶ月間のリフレッシュ休暇ということになった。

2007年7月23日 (月)

Kさんの退院

7センチほど残っていたドレンパイプも今日すっかり取り除いた。傷口を閉じていたホッチキスも無くなったし、これで体には何も残っていない。

先生も「あと数日で退院できる状態になります」と言ってくださった。ここまで合併症もなく熱も出ず、順調に回復した。神経性の下痢に悩まされただけだが、これもアヘンチンキでコントロールできている。


隣のベッドのKさんが退院した。私と同じすい臓癌だが、Kさんの場合は手術ができないほど進行しており、見つかったときは既に肝臓への大きな血管にがん細胞が浸潤していたために、手術ができないという。癌の大きさは30ミリだというから私の25ミリと大して違いはない。

私の場合と似ているが、今年の3月に、肝臓の治療で通っていた東邦医大病院で血糖値の異常が見つかり、検査の結果すい臓癌だと分かったが、そこで既に「手遅れです」といわれたそうだ。 セカンドオピニオンで国立がんセンターに行ったが、そこでも「手術はできませんね」と冷たい一言にがっくり来た。念のためにとこの癌研にやってきて、一時は手術できるかもしれないといわれたが、結局はやはり難しいねという結論になった。

化学療法・抗がん剤治療を行っているが、今のところ癌組織は大きくも小さくもなっていない。「少しでも小さくなって手術できることが望みなんですがね」とぎこちなく笑う。「47歳なんですよ。せめて10年は生きたいと思っているんです。でないと悔いが残りそうです。」

「会社の業績もよかったので、投資信託に入れて財産は結構増やしました。家も高輪の高級マンションに引っ越しましたよ。トイレが三つに風呂が二つあ るんです。昨年は中東のドバイに投資用のマンションを買いました。まだ建物は完成していませんがね。」と誇らしげに言った後、「でもね、その後癌だといわ れて、しかもあと数年の余命でしょ。こんなことがみんなどうでもよいことだと、価値のないことだと気がついたんです。今は自分のやりたいことをやろうと思 うのですが、さて、本当にやりたいことってなんだろうと、考えているところなんです。」

奥さんも私に「手術ができてよかったですね」と声をかけて二人で退院して行きました。

2007年7月21日 (土)

3週間たちました

36f14_2<病室からの風景、こんな環境でブログを書いています。>

早いもので、もう3週間もたってしまった。

今日見舞いのSさんを玄関まで見送ったときにゆりかもめの高架下をのぞいてみたが、入院するときにきれいに咲いていた紫陽花はもうすべて散ってしまっていた。

病室の写真です。窓の外に見えるのはビッグサイトの会議棟です。

2007年7月19日 (木)

院内コンサートとオムライス

36b8b_2

病院の一階ロビーで、シンガーソングライター&ドラマーと、経歴の多彩な清家みえ子さんのコンサートがあった。

なごり雪、心もよう、異邦人など、なつかしのフォークソング(この言葉も懐かしいなぁ)を中心としたレパートリーに、点滴用のさおを持った患者さんも盛大な拍手喝采。


36b8d『會館オムライム』

どうということではないのですが、今日の『會舘オムライス』はおいしかった、絶品だった、舌がとろけた。とろとろ卵とケチャップの味加減がなんとも いえない。病院のレストランでこうした高級店を出しているところも珍しいのではないだろうか? どこもだいたいにおいて『病院食よりはまし』程度の料理 だったような気がする。


続きを読む "院内コンサートとオムライス" »

2007年7月18日 (水)

柏崎原発は深刻

激しい神経性の下痢は、アヘンチンキを飲むことで劇的に収まってしまった。麻薬の阿片を水薬にしたもので、激しい下痢や咳に効くということ。副作用として効きすぎによる便秘のおそれ。

本当にびっくりするほどよく効いた。飲んだとたんにグルグルといっていたお腹がぴたっと収まった。少し食欲も出てきたので、まずい病院食はエスケープして、院内のレストランで「ビーフカレー」を注文した。

ここのレストラン「レインボー」は有楽町の「東京會舘」が出店をしている。レストランとしては一流どころで、それなりの値段がするが、病院食に慣らされた私の舌にはめちゃくちゃ美味かった。ここの名物「會舘オムライス」は明日にしよう。

体重 66.6kg


東電柏崎原発の事態は深刻だ。CNN、BBCではトップニュースで、写真もすごい惨状を報道しているが、日本のマスコミは奥歯に歯の挟まったような 報道だ。政府の報道管制があるのか。中央制御室の天井も崩落して、柏崎市の使用中止命令が出なくっても、この原発はしばらく運転できないのだという。

「起こり得ないが、想定上最大の地震」という触れ込みで設計した数値をあっさりと超え、放射能も漏れたということに、世界のマスコミは「世界最大の原発集中地での大事故」との扱い。IAEAの事務総長が急遽日本に来るという報道もあるが、それほどこの事故は深刻な問題だ。

続きを読む "柏崎原発は深刻" »

2007年7月16日 (月)

台風一過⇒新潟県中越沖地震

367ba_2

  台風4号は首都圏にはたいした被害を出さないで行ってしまった。

10時13分ごろ癌研有明病院の建物が長周期振動のように長い時間揺れていた。 ニュースでは新潟で大きな地震らしい。

2007年7月15日 (日)

雙脚 等閑に伸ばす

台風4号の影響で朝から雨だ。若洲海浜公園と対岸の中央防波堤埋立処分場にある3基の風力発電の風車も勢いよく回っている。 今日は腰痛は少し楽になったようで、気分がよい。少し細くなった足をベッドに伸ばして深く息を吸った。・・・満たされている・・・そんな気持ちが沸き出でてくる。

ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。

騰々(とうとう) 天真に任す
囊中(のうちゅう) 三升の米
炉辺 一束の薪
誰か問わん 迷悟の跡
何ぞ知らん 名利の塵
夜雨 草庵の裡
雙脚(そうきゃく) 等閑(とうかん)に伸ばす

立身出世など考えもせずに、ただ万事なるがままにして生きてきたが、今こうしてひとり雨音を聞きながら炉辺で冷え切った足を伸ばして暖を取ることが できることが至福の喜びだ。頭陀袋には乞食をしてもらってきた三升の米があり、暖を取る一束の薪がある。これ以上何が必要であろうか。

良寛のように飢餓の境で生きた真似はとてもできはしないが、名誉だの地位だの肩書きなど、競争や成果や他人の評価を気にして生きることが如何につまらないことかと思う。 今こうして痛みも悩みもなく、ベッドに足を伸ばす気持ちよさをただ感じている。


風の良寛
風の良寛 中野 孝次

集英社  2000-12-15
売り上げランキング : 532396

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
足るを知る  自足して生きる喜び (朝日文庫)
清貧の思想 (文春文庫)
良寛 (中公文庫)
良寛 心のうた (講談社プラスアルファ新書)
「閑」のある生き方 (新潮文庫)

続きを読む "雙脚 等閑に伸ばす" »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング